1.片手取り入り身転換と体の変更

開祖の言葉から、合氣は天地に氣結びする。つまり天の魂氣と地の魄氣を丹田に結んで命が確立することを心に思う動作である。すなわち禊に他ならない。

今、魂氣を掌に包んで与えると受けが取ろうとする。与えた手は受けのものであるが、魂氣と、それを包んで蓋をした母指先は未だ取りのものである。

そこで、呼気に合わせて手首を弛緩屈曲し、魂氣を母指先から下丹田に巡り、体幹が腋を閉じて下丹田は魂氣を迎えにいく。すると腕は取りの体軸に与って体の一部となる。これは禊を繰り返す動作に相当する。

ところで、体幹が腋を閉じるためには与えた手の同側の足が非軸足のまま、受けに対して逆半身でさらに半歩入り身することが必要である。ということは、軸足を作って対側の非軸足を軽く半歩出し(三位の体)同側の掌に魂氣を包む。与えて下丹田に巡らすと同時に入り身した足先を内股で着地すると、その瞬間は陽の魄氣となっているが鳥船とは逆で、魂氣は広義の陰で腕が全体に体幹へ密着して、小手返しの手(狭義の陽)である。

軸足交代して足底をさらに45度内に捻じると、陰の魄氣となって目付けと下丹田は180度転換する。非軸足となった対側の足先は135度外に回りつつ軸足側に引きよせられて半身が左右転換する。

今や魂氣を包んだ手は受けに連なったまま下丹田に密着し、体幹の一部となって、つまり取りの魄氣は魂氣と氣結びしながら受けの魂氣と魄氣にも結び、受けは自身の氣結びを解いたまま取りの体軸に膠着せざるを得ない。一方、取りの対側の手足先は体軸から解かれて前方を指し、自在に動作することのできる状態にある。これを片手取り入り身転換と呼ぶ。

受けに与えず腰仙部に置いていた方の陰の魂氣は今や空間に円を描き陽の魂氣として発することが出来る。非軸足は千変万化で、例えば後に置き換えると再び軸足へと交代し、同側の魂氣は腰仙部に巡って軸足とともに体軸に与る。そうなると下丹田の魂氣は体軸から解脱し軽さを得て、いつでも魂氣を発する兆しができる。つまり〝魂の比礼振りが起こる〟ことに相当するのであろう。体軸は受けと同じ方向に転じたまま、はじめの半身に戻る。これが体の変更であり、魄氣は陰であることに着目すべきである。

体の変更は入り身転換とともに、相対基本動作としてここから様々な技が生まれる。千変万化と表現されている。しかし、受けに与えて下丹田にて魂の比礼振りを起した手の同側の非軸足をさらに半歩前方へ進めると同時に吸気で魂氣を陽の陽に発するなら、受けは取りの体軸から放たれて前方へ一歩進んで向き直ろうとせざるを得ない。片手取り入り身転換から体の変更の後、陽の魄氣で受けを前方に放ち、左右を入れ替えて片手取りの連続動作が可能となる。

                                  2020/3/23

2. なぜ合気道なのか

天地の間にあって生きることを動きではっきり自覚できる。

つまり天の浮橋に立つ禊である。

加えて人と関わる時には技が生まれて互いの命を感じる。

何れも合気である。

殺気の皺ではなく、生気の緩みが現われる。

                                          2020/3/6

 

3. 体の変更を定義する

魄氣の陰陽 

 魂氣の包まれた手を与えて片手取りに導いたところで同側の足先を軸にした途端、受けにとっては固定した対象となるから、技以前のこととなる。つまり鳥船のホーで与えては合気の技における基本動作となり得ないわけだ。

 一方、イェイで魂気を下丹田の両側に結んだ姿勢は、胸郭を一杯に開いたうえで腹式呼気により下丹田を引き締めて全体重を後ろの足に置き、その軸足を地から魄気が昇って体軸の確立する思いを持つ。従って対側の足は伸展して足先がかろうじて地に触れているだけで、軸の位置から〝軽く半歩出した〟状態である。開祖の言葉からはこの姿勢が千変万化の体捌きを生む。わたしは鳥船の足腰の姿勢について、前者を魄気の陽、後者を陰と呼んでいるが、合氣道では魂氣を与える場合、陰の魄氣に限ると開祖は教えていることになる。

 

片手取り

 稽古の心得によると、単独動作を終えて相対動作に入れば片手取りで〝体の変更より始める〟のであるから、右足を踏み直して軸とし、陰の魄氣で左半身から魂氣を与える。つまり、左の掌に魂氣の珠を包んでいることを思い、左足先を軽く進めると共に母指先を地に向けてその手を下段に差し出す。これが片手取りという用語とその思いと具体的動作の三位一体である。

 

魂氣三要素

 受けが右手を伸ばす瞬間、取りは母指先を腹側に向ける。これを内巡りと呼ぶことにする。下丹田側に向けることで魂氣と魄氣の結びによる自己確立へとつねに戻るべく動作していることになる。これは円運動の始まりであり、魂氣が陽で発せられて陰に巡り、丹田へ結んで安定するまでの手の動きを魂氣の働きによるものと思うことにして、これを魂氣の三要素と呼んでいる。陽で発して陰に巡って下丹田に結ぶ、陰陽・巡り・結びである。

 

体捌きとしての体の変更

 なお、魄氣の三要素は、はじめに述べた陰陽と、次に詳述する入り身と転換である。魂氣と魄氣のそれぞれ三要素を同時に動作する中にあって、手足腰目付けの同期する最も基本的な動きとして、しかも互いに左右の半身で連続して鍛錬することのできる相対基本動作として、体の変更を先ず一番に上げたのが開祖である。

基本動作から様々な技が生まれるにあたって、いわばその分岐点として一瞬の静止が体の変更の動作の中に切り取られることはあっていいだろう。しかし、合氣を動作することの基本であるからには、受けに結んだ取りが受けの動作を封じながら静止を保つ状態を良しとするのは体の変更にはそぐわないのではないか。

 

片手取り外入り身転換

 ここで、左半身の片手取りに体の変更を魂氣と魄氣の働きとして、即ち気結びの動作に伴う体軸の自由な移動として定義していく。左半身片手取りに内巡りで剣線から内方に僅かな隙間が作られるから、そこへ同側の非軸足をさらに半歩前に進めて受けの外に逆半身で入り身を行ない、足先を内股にして着地する瞬間、魄氣の陽となる。差し出した腕は腋が完全に閉じて、掌は狭義の陽(小手返しの手)で下丹田に密着している。ここに左足を軸としてさらに内方向へ45度足底で地を捻り、体軸の完全移動、つまり軸足の交代を成し遂げ、左手は体軸に与って左半身(はんしん)全体が体軸となって、しかも下丹田は体軸上で180度転換して右半身となっている。右足は伸展しながら非軸足となって足先が地に触れるのみで、左の軸足側に引き戻される。魄氣の陰に戻ったわけだ。受けに与えた左手は下丹田に結び、受けの手と受けの体軸は自ずから気結びが解けて、それぞれ取りの体軸、左半身(はんしん)に膠着している。ここまでの動作は左半身片手取りから外入り身転換と呼べる。

 

片手取り外入り身転換から体の変更

 次に体の変更へと進む。右半身で右手は陽の陽で差し出し、右足が非軸足となっているからそれぞれを後に置き換えて、手は腰仙部に結び、右足は軸足へ交代して体軸側となる。再び左半身の陰の魄氣で下丹田にはそのまま受けの手に連なる左手が密着したままだが、最早体軸から解脱しており、左足とともに自在に動かすことが出来る。このとき左手は〝身の軽さを得て〟〝魂の比礼振りが起こって〟いると表現して良いだろう。

 体の変更は元の半身で陰の魄氣となりながら、取らせた受けの手を下丹田に結び、その体軸を側湾させて取りの直立した体幹に密着させる。つまり受けは魄氣の働きである軸足と体軸の確立が失われている。しかも、下丹田の取りの手は受けと取りそれぞれの体重から解かれており、陽の魂氣を発して受けを自由に導くことが可能となっている。これを体の変更とする。

 

体の変更を通る捌き

それで、左半身の陽の魄氣で左足先を更に半歩出して、左手を陽の陽で前方空間へ吸気いっぱいで差し出す、〝空の気を解脱して真空の気に結ぶ〟。受けは取りの下丹田から取りの陽で伸展した上肢を伝って前方へ滑るように放たれるであろう。すぐさま取りの方向に向き直って左半身となった所へ、取りは右半身で右手を下段に与える。体の変更から陽の魄気で入り身転換の連続動作である。

 体の変更からその場で入り身転換すると後方回転が完成する。外転換して非軸足先を受けの後ろ三角に置き、下丹田には陰の陰、腰仙部に陰の陽で魂氣を結ぶ入り身運動の残心では隅落とし裏が生まれる。

                                 2020/2/23

4.〝 心自在に生ず〟

『合気神髄』より

太字は氣、魂氣三要素:陰陽・巡り・結び、合氣、魄、魄気三要素:陰陽・転換・入り身に置き換えられる。

 

P124

 合氣は和合の道、全人類、全宇宙が大きく和して一体をなすべき万物本来の姿の現われである。すなわち宇宙の中心は一つであり、その動きが宇宙建国の営みとなってこの世に経綸を行なう。

P162

 真の武道は大きく和するの道であり、身心の禊である。

P125

 愛がなければ国が、世界が、宇宙が滅びる。愛より熱も出れば光も生じ、それを実在の精神において行なうのが合気道であります。それを人が行なう。人は最後に創られたものだからして、生命と祈りとで造られている。いいかえれば宇宙の要請によって造られた。すなわち引力の固まりである。ゆえに人々はすべてのものの主体となって宇宙の経綸を行い、造り主の御心を表に出すよう努めなければならないのであります。  中略  

P126

 それは同時に自己の完成であり、それぞれの分野で立派な花を開き、実を結ぶことです。

P128

 すべて心が定まってくると姿に変わって来る。深呼吸のつもりで魂で宇宙の妙精を集め、それを吸収する。 中略 宇宙の造り主に同化するようずーと頭に集め、造り主に聞く。すると気が昇って身中に火が燃え、霊気が満ちて来る。

P129

 天の気は陰陽にして万物を生み出す。 中略 その浮橋にたたなして合気を産み出す。これを武産合気といいます。

 今までは形と形の物のすれ合いが武道でありましたが、それを土台としてすべてを忘れ、その上に自分の魂をのせる。自分に愛の心が無かったら万有愛護の大業は成りがたく、愛のかまえこそ正眼の構えであります。 中略 武の極意は形はない。心自在に生ず。気は一切を支配する源・本であります。

P130131

 形より離れたる自在の氣なる魂、魂によって魄を動かす。この学びなれば形を抜きにして精進せよ。すべて形にとらわれては電光石火の動きはつかめないのです。

 一切の力は気より、気は空に結んでありのままに見よ。箱の中に入れるな。 中略 気の自由を第一に悟れ。気の流れを知りつくせ。

                           2020/3/12

5. 〝箱の中に入れるな〟

〝形より離れたる自在の気なる魂、魂によって魄を動かす。

 

一切の力は気より、気は空に結んでありのままに見よ。箱の中に入れるな。

 

気の自由を第一に悟れ

 

心自在に生ず

 

 

 

形とは箱、器のことであろう。器の形やその変化や堅さ、それを動かすことに心を使って苦労するのが合気の修練ではない。 

 

形を作る魄の気は目に見えるわけではない。地から足に受けて丹田に結ぶから、軸足を通して体軸が確立するという心の持ちようで確信するだけだ。その意味で魄気は空に結んでいるのであるが体軸は地に根を張っており、まさに固定しているのであって相対動作では魂気を通して受けに連なっている。

 

ところで、体軸に与る側の魂気は魄気に結んで器を成してはいるが、軸足の交代で魄気から解かれたとき、形から離れた心のたましい、つまり魂気は自由であり、虚空に発する事ができる。開祖はこれを特に、真空の気に結ぶ、と言い表している。

 

箱の中に入れっぱなしではなく、形から離れて新たな体軸へと移動して再び魄気と結ぶなら、軸足交代によって魂気が形を、魄を動かしたわけである。だから合気は禊であるということになる。

 

 形より離れたる自在の気なる魂、これを魂の比礼振りが起こること、と開祖は表現されたのであろう。

                                  2020/3/13

6. 合気とは禊である、それでは武産合気とは

心のたましいは天に昇って魂となり、体のたましいは地に下りて魄となる。天と地の間にある物はことごとく気によって成り立っているとする。したがって人も気によって創られているのであるが、その命は天から手に受ける魂気と地から足腰に受ける魄気が丹田において結ぶことで活性化される。この動作を広く合気と呼ぶ。

 

特定の合気の動作は禊として知られるところであるが、その一つである鳥船の呼気相では魂気と魄気が下丹田において気結びし、同時に魄気は片側の軸足を作って体軸が確立しており、これが合気の動作における究極の静止である。このとき対側が完全に非軸足となり、魂気は丹田にありながら魄気との結びは解けて、自在に虚空へ発する兆しを有することになる。これを開祖は、魂の比礼振りが起こる、と表現されたのであろう。身の軽さを得る、とも述べられている。

 

非軸足先を自在に置き換えるとき、同側の魂気は母指先から発せられ、円を描いて魄気に合わせて置き換わる。例えば、非軸足を後ろに回して軸足交代するなら、同時に魂気は陰のまま腰を半周巡って腰仙部に結び、対側の魂気(手)と交代して体軸に与る。この動作が合気であり、魂気と魄気の働きで対側の手・足・腰に気結びが行なわれたのである。

これは片手取り入り身転換から体の変更への動作と静止である。下丹田も腰仙部も体軸上にあって、そこでの魂気と魄気の気結びは、移動した場所に体軸を確立することとなる。したがって鳥船の呼気相での姿勢に一致する。これは体を三面に開くこととされ、吸気相のように軸足を失った体軸が両脚の間で地から離れた姿勢とは異なることに留意すべきである。

 

 開祖が『合気神髄』のなかで教えているように、合気とは確たる軸足の固定によって非軸足を生み出し、自在に移動することで所謂千変万化の体捌きを可能とするものである。体軸に与っていた魂気が軸足交代に伴って魄気(開祖は空の気と呼んでいる)を解脱し、すなわち魂の比礼振りが起こって陽で虚空に発せられ(真空の気に結び)、円を描いて体側に巡る。つまり、腋が閉じて魂気は陰となって再び自らの体軸に結ぶ。

 相対動作においては魂気が陰陽・巡り・結びの間に受けの体軸にひびき、受けの魂気と魄気の結びを解いてその底を抜き、取りに還って来ることとなる。受けは螺旋に落ちて合気の技が生まれるわけだ。以上は片手取り外(入り身)転換・昇気呼吸法表(裏)の術理でもある。

 呼吸法とは呼吸と共に気結びをなすこと、すなわち合気そのものであり、しかも武技を生み(産み)出すのである。武産合気と呼ばれる所以である。

                                2020/3/19

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です