2016年

7月

31日

天神町道場稽古 体の変更で魂氣の結びを解かず陰の魄氣とする

剣素振り入り身:正面打ち、突き、横面打ち、入り身転換、上段受け流し、下段受け流し

  • 組太刀一から四
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:前/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換/体の変更

 *入り身転換の陰の魄氣から前方の非軸足を後ろに置き換えて陽の魄氣とすれば、魂氣を陽の陽で差し出すから背当て胸が解けて受けは前方に放たれる。一方、置き換えて陰の魄氣とし、魂氣を丹田に結んだまま外巡り外転換=相半身外入り身と地の結び、隅落としと天地投げの地。

  • 片手取り隅落とし裏:片手取り入り身転換・体の変更(陰の魄氣で)ここまで魂氣を丹田に結び、外巡り外転換で相半身外入り身・魂氣は陽の陰で地に結び受け身の姿勢。
  • 正面打ち一教表:上段に与えて受けの手刀に陽の陽で結び、一教運動表(相半身内入り身の送り足を軸足の甲に被せて内転換で逆半身となり、受けの後方の足元へ逆半身内入り身。両手で氣の巡りのうち陽の陰の魂氣は内転換に合わせて上肢を畳んで回外して矢筈とし、逆半身内入り身に合わせて陽の陰の返し突き近似で発する。
  • 両手取り天地投げ表:魄氣は一教運動表で逆半身外入り身から相半身外入り身、魂氣は外巡りは地へ、陽の陽の昇氣は天へ。天は陽の陰から陰の陰で下丹田へ結び、地は陰の陽で腰仙部へ巡って残心。
  • 正面打ち入り身投げ裏二本: 一教運動裏で逆半身外入り身転換・反復入り身転換で逆半身外入り身、魂氣は陽の陰で受けの異名側の頸部へ結び陰の陰で取りの下丹田に巡って残心。 一教運動裏の逆半身外入り身転換から体の変更を陰の魄氣で(後ろ回転の置き換えと同様に)行い、対側の足から外転換で半身を転換して非軸足を受けの後方の足元に進める・相半身外入り身。

 *受けの移動に対して体の変更・外転換で、受けの元居たところを取って相半身外入り身を成す。

 *受けの移動に際して前屈で逃避するところを後ろから追う動作となれば入り身(漆膠・秋猴の身)にはほど遠い。ただし、取りの振込突きで受けの前屈は選択の余地無し。

  • 坐技両手取り呼吸法各種
0 コメント

2016年

7月

20日

幸町道場稽古 一教運動表の魄氣も入り身・転換・入り身

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、一教運動表/裏、前/後方回転
  • 相対基本動作坐技呼吸法:上段に与えて受けが手刀で守るところを両手で氣の巡り
  • 坐技正面打ち一教裏
  • 相対基本動作片手取り入り身転換
  • 片手取り後ろ回転:入り身転換・下丹田の結びを解かず置き換え・踏み換え手から陽の陽で発する。
  • 両手取り後ろ回転呼吸法裏
  • 両手取り外転換呼吸法表
  • 突き横面打ち外/内転換
  • 突き杖巡り内/外転換
  • 突き横面打ち外転換・内転換小手返し表

 

0 コメント

2016年

7月

17日

天神町道場稽古 体軸と側頸を軸足にまかせた体感

  • 杖突き四本
  • 杖取り:①相半身内転換入り身・降氣の形で天地に結び回外して直突き近似②逆半身後ろに置き換え降氣の形から陽の陽で外側へ対側の手で正面打ち③相半身内転換入り身で杖巡り受けの腋の下へ直突き近似。
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操:手の反屈は究極の陽の陽
  • 相対基本動作:入り身運動(陰の陰、直突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、前/後方方回転
  • 坐技正面打ち一教表裏:表は上段に与えて受けの手刀に触れると陽の陽で前腕・掌・母指先を過伸展(手の反屈)で母指先は結局地に結ぶ。裏はまず上丹田(額)に陰の陽で結び同時に同側の膝を閉じると徒手の鎬。

 *陽の陽から陰の陽で体側に巡り母指先は地に結ぶ。狭義の陰から狭義の陽=限界から限界まで。

  • 坐技両手取り呼吸法二本:①右手が陽・左手が陰②入り身運動と打ち巡りから昇氣で側頸に結んで陽の陽
  • 突きに横面打ち外転換・後ろに置き換えて後ろ回転小手返し
  • 突きに横面打ち内転換・後ろに置き換えて後ろ回転二教裏
  • 突きに逆半身杖巡りで受けの手に振り降りた手で包み・対側の手で取り替えて外巡りし、空いた手で振込突き・払わせて入り身転換・繰り返し振込突きで後ろに置き代えて三教。
  • 突きに横面打ち外転換、受けの手は引かれて・頂丹田から振り降りた手は下丹田に結び・昇氣で巡って側頸に結び、後ろの足で入り身運動と共に同側の手を側頸から陽の陽で結び呼吸法。

 *体軸と側頸を軸足に任せた体感から後ろの非軸足を伸展して入り身。同時に魂氣を側頸から母指先に発する。

  • 両手取り外転換取り返して呼吸投げ
  • 両手取り内入り身転換陰陽で呼吸投げ
  • 諸手取り降氣の形で外転換・内転換で陽の陽・相半身で受けの腋の下(空の氣)に入り身し、対側の手を陽の陰に巡って地に結ぶと天秤投げ

 

0 コメント

2016年

7月

13日

幸町道場稽古 入り身転換と転換入り身の違いは残心に現れる

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し)一教運動表/裏

 *杖素振り上段返し突きの魄氣=一教運動表

  • 相対基本動作:片手取り入り身転換交差取り入り身転換
  • 交差取り入り身転換呼吸法:先ず手を外巡りで・足先を反対に向けて相半身で受けの外へ入り身転換・腰仙部に陰の陽で魂氣が結ぶ。対側の手はすでに腰仙部から昇氣で側頸に昇氣で結び、同側の今や非軸足を後ろに置き換え一瞬軸として対側の足を内股で踏み換え入り身の軸足とする。つまり陽の陽で側頸から発する魂氣の母指先の反りに合わせて同側の非軸足拇趾先を受けの後ろ三角頂点に進めて入り身・残心・魂氣は体側に巡る。

 *入り身転換・置き換え・踏み換えのとき、非軸足をその場で内股に踏み換え軸とし、対側をその場で外股で踏み換えると、入り身ができていないばかりか両足で四股立ちとなるため体軸の転換と魂氣の巡りは振れ幅が乏しく、受けの側頸に結び体軸から底を抜けるほど響かない。反復する転換ではなく入り身転換でもない、正しく転換・入り身である。

 *単独基本動作の入り身転換反復に転換・入り身を加えるべきか。何れにしてもその場で転換するのみでは鳥船に類似し、半歩進めての入り身・残心を稽古する必要がある。非軸足を半歩進めての軸足交代と、その場で陽の魄氣から軸足交代の違いを知ること。後者は体軸の前進が伴わない。したがって魂氣が揮わない。

  • 正面打ち一教運動表
  • 正面打ち入り身投げ表:魄氣の共通性を体得すること。
  • 坐技上段に与えて両手で氣の巡りから三教表
  • 片手取り外転換・外巡りで陽の陰から陰の陽で下丹田に巡って二教

0 コメント

2016年

7月

10日

天神町道場稽古 転換・入り身は魄氣の陰陽、則ち鳥船・素振り

  • 杖合わせ:突き入り身運動・杖巡り陰の魄氣・上段受け流し打ち・下段払い。

 *魄氣の陰陽・入り身・継ぎ足から陰の魄氣で構えて残心(徒手では継ぎ足が残心)

  • 杖取り:①逆半身横面打ち外転換間合いを詰めて昇氣入り身とともに陽の陽で呼吸法②相半身杖巡り内転換入り身で直突き近似から両手取り呼吸投げ近似(降氣の形で受けの両手の間の杖を引きつけて回外、杖先側を下丹田に結ぶと受けの両手は縦に並び八双構えから正面打ち近似)。
  • 組杖1
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身転換、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作坐技:正面打ち一教表裏
  • 上段に与えて正面打ち一教表
  • 正面打ち一教裏:正面打ちの後手では陰の陽で上丹田に結んで鎬として、同側の足は踵を外して軸とする、一教運動裏で逆半身返し突きから入り身転換・置き換え踏み換え(後ろ回転)て陰の魄氣の軸足から膝を着いて座る。受けの上腕の中間点で魂氣を地に結び振り子運動で体重をかける。
  • 諸手取り外転換で腕を畳み降氣の形で母指先は側頸を指す。踏み換えて陽の陽で発して氣結び。内入り身にて対側の手は陽の陰で空の氣に結ぶ。天秤投げ。
  • 諸手取り外転換で腕を畳み降氣の形で母指先は側頸を指してから回外して、踏み換え、外巡りで陰の陰として額に結び、同側の足を外股で膝を折って軸として前方回転呼吸法表。
  • 諸手取り外転換で腕を畳み降氣の形で母指先は側頸を指し、回外して踏み換え、外巡りで陰の陰として額に結び、同側の足を後ろに回して踏み換え(後方回転)呼吸法裏。魂氣はいずれも対側頸に巡って丹田へ降氣。
  • 片手取り外転換昇氣・入り身で側頸から陽の陽、呼吸法表/片手取り入り身転換昇氣・反復入り身転換で側頸から陽の陽、呼吸法裏。
  • 坐技正面打ち三教表/裏:裏は、手刀に結んだ取りの魂氣を陽の陽・陽の陰・指先を包んで陰の陽で取りの真中に寄せると受けの手は反屈、対側の手で小指球を包み・示指と中指は手首側を包む。隙間に対側の手を被せて完全に包み、体側へ巡らすと受けは仰向けで後ろに落ちる。

0 コメント

2016年

7月

06日

幸町道場稽古 諸手取りに外転換で母指先が側頸を指して畳む

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)

 *鳥船は魄氣の陰陽と魂氣の陰陽で現す呼吸法である。魄氣の陰陽は軸足の確立と体軸の揺れを動作する。魄氣の陽は、入り身と軸足交代の兆しであり、軸足を伴わないその形は静止として成り立ち得ない。陰は軸足を確立した動的静である。四方八方に歩き、回り、陰の魄氣で立ち止まるのが魄氣の働き(三要素)である。鳥船は非軸足を置き換えないし軸足交代も無いので体軸移動(歩み)の伴わない動作であることをあらためて識るべきである。

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち)、入り身転換、前/後方回転

 *入り身運動は魄氣の陰陽に軸足の交代と継ぎ足(残心)の伴った動作である。入り身転換は入り身に際し軸足交代のとき足先が直角に方向転換し、魄氣の結ぶ踏み換えでは45度内側に足底で地を踏むと、体軸に結び陰の魄氣となる。

  • 相対基本動作坐技呼吸法:下段に与えて片手取りに母指先を天に巡って上肢を畳み陰の陽で母指先を側頸に結び(降氣の形)、かすめて外側へ陽の陽で発する。
  • 坐技下段に与えて片手取りに母指先を外に巡って(二教の手)吸気で陽の陰に発して受けの手首を上から内側へ母指先の反りに合わせて地を指す結び・陰の陽に巡って丹田に向かうと二教。

 *陰の陽に巡る際、母指先が地をさしたままでなければ結びが解ける。結びが成ったときは母指先が内を向いている。内巡り。天を指すと掌は開き、魂氣は丹田に凝結しない。

  • 諸手取り外転換・降氣の形・反復転換で魂氣を側頸から陽の陽で発し氣結びして(像)、陽の陰に巡り鳥船の陰の魄氣で丹田に魂氣を陰の陰で結ぶと、包まれた受けの手首は二教で取りの丹田に結ぶ。氣結び無くして技は生まれない。氣結び(合氣)が武を産む。“武産合氣”という言葉は、思いと動作の三位一体へと昇華せず口にしてもたましいがこもらない。

 *陽の陽から陽の陰への巡りは、伸展した前腕の回外・回内の限界から限界まで。いずれも母指先の反りで地を指す。

  • 二人で諸手取りに降氣の形で入り身転換・陽の陽の魂氣を狭義の陰に巡って入り身転換反復で二教・体側の側頸に結んで畳んだ手を陽の陽に発して直に狭義の陰に巡り同様に二教。振り向いて下丹田へ氣結びを連ねる。
  • 二人諸手取りに降氣の形で入り身転換・側頸に陰の陽で結んだ魂氣を陰の陰で額に結び、逆半身内入り身転換で対側の陽の陽の魂氣を狭義の陰に巡ると二教、額では掌を開けば受けの手首を上から包むことになり対側の頸部に降りると(転換しているから)、更に丹田に降氣で二教。両手を伸展して互いの上肢を互いの側頸に結ばせて呼吸法。

 *二人取りは、一人に対して次々に順次同じ基本動作を行うか、あるいは同時にそれぞれに異なる基本動作を行うか。一層の緻密さを要する。同時に同じ基本動作は為し得ない。同時に同じ間合いで左右対称に魂氣を巡らして魄氣に結ぶことはできない。

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

03日

天神町道場稽古 逆半身一教運動表は入り身投げ表の魄氣

  • 剣素振り入り身:正面打ち、突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し
  • 剣素振り回転:抜刀前/後方回転正面打ち
  • 太刀取り:①外転換・外入り身で直突き・体の変更で天秤投げ②内転換・横面打ち入り身転換・降氣の形から回外して体の変更で下丹田に巡る。呼吸投げ
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り

 *陽の陽の究極は掌を天に向けて受けることに止まらず、母指先の反りに合わせて地に巡り、体側が閉じて掌は外側を向く。陰陽の巡りは限界から限界まで。

  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動、入り身転換、前方/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作:突きに逆半身横面打ち入り身転換/外転換/内転換
  • 突きに横面打ち外転換・入り身転換小手返し
  • 突きに横面打ち外転換・外転換で振り降りて受けの手に触れなければ下丹田に巡り、昇氣で側頸に結び外入り身で陽の陽から発する呼吸法表(画像①)。
  • 突きに外入り身転換(画像②)踏み換えて入り身投げ

 *突きに外転換横面打ち入り身投げ(画像③

  • 横面打ちに外転換逆半身入り身投げ表
  • 横面打ちに相半身振込突きから内転換・振りかぶって前方回転で四方投げ表/外転換・振りかぶって後ろ回転で四方投げ裏
  • 二人両手取りに一方の手を降氣の形で入り身転換・対側の陽の陽の魂氣を陽の陰に巡り受けの手首を包んで入り身転換反復で二教。同時に降氣の形の魂氣は陽の陽から陽の陰に巡り自然本体で両手は下丹田に陰の陰で結んでいる。引き続いて二教。鳥船の陰の魄氣。入り身転換反復で二教の連続。

 *受けの手首を陰の陽で包む前に、陽の陽の魂氣から陽の陰へ真空の氣(皆空の氣)に巡ることこそ肝要。

 *四級昇級審査:単独基本動作では魂氣の働きを必ず両手で現すことが肝要。相対基本動作ではこのことがいっそう意味を持つ。特に陰の表現無くして次の陽は連なりを持って存分に働けない。魄氣と魂氣の同期はやがて合氣に繋がる。片手取り入り身転換において、魂氣の陰陽に魄氣の入り身転換が思いと動作で見事に同期している。無理・無駄が無く安定しているから美しい。坐技呼吸法では、両膝から下腿の伸側と爪先までが地に着き、大きな両足の裏のつもりで膝を開閉する。

 言葉(魂氣)と思い(魂氣三要素)と動作(呼吸)の三位一体が単独呼吸法であり、相対基本動作に生かされる。学童期の稽古にとっては十分な基本的気構えである。技の形の体得では魂氣や魄氣の思いが不在になることをぼつぼつ実感してもらえれば十分である。

続きを読む 0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です