2015年

8月

30日

天神町道場稽古 陽で突かず陰の陽で側頸に結んでこそ合氣

  • 剣素振り:正面打ち、横面打ち、突き、正面打ち入り身転換、抜刀正面打ち前・後方回転
  • 正面打ちに剣合わせ: 正面打ち、外転換・入り身、下段受け流し
  • 突きに剣合わせ:下段受け流し突き、上段受け流し正面打ち
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて接点で陽の陽・両手で氣の巡り、一教運動表
  • 立ち技正面打ち一教表:上段に与えて一教運動表:入り身運動の送り足を軸足とせず半身を転換して陰の魄氣の前方の足として爪先を地に置くと、同時に入り身を反復して両手で氣の巡りの陽の陰(返し突き近似)。次の送り足で陽の陰の魂氣を陰の陽で丹田へ結ぶ。
  • 片手取り四方投げ表:片手取り外転換・陰の魄氣・二教の手から対側の手で四方投げの持ち方として額に振りかぶり、前の足を軸として前方回転・正面打ち丹田に巡って残心。
  • 片手取り四方投げ裏:後ろ回転の慈雨足を作る前に額に結ぶ。
  • 諸手取り外転換・降氣の形から回外して地に結ぶ:呼吸投げ
  • 諸手取り外転換・降氣の形から陰の陽で母指先を側頸に結んで入り身と同時に陽の陽で発する。残心で魂氣を体側に結ぶ:呼吸法
  • 横面打ち入り身投げ裏:横面打ちに相半身内入り身で振込突き・払わせて内転換で受けの手刀を外巡りで払う。(相半身となっている)陰の魄氣から逆半身横面打ち外入り身転換。側頸に結んで踏み換えて入り身投げ。
  • 横面打ちに相半身内入り身で振込突き・払わせて内転換で受けの手刀を外巡りで払う。(相半身となっている)陰の魄氣から逆半身横面打ち外入り身転換。丹田に巡り受けの手刀の母指球を包み丹田に結んだまま前お足を受けの外に置き換えて外転換・後ろ回転で小手返し。
  • 後両肩取り呼吸法(前方回転):上段に与えて抑えにかかる受けの手刀に降氣の形で額に陰の陰で結び、入り身転換と同時に前方の足を前方回転の軸とする。軸足の膝に同側の手を置くと後ろ両肩取りの受けの上肢は取りの肩に合わせて縦に並び、額に結ぶ陰の陰の魂氣は受けの顔の前で陰の陽に巡って取りの側頸に結ぶ。この巡りに前方回転を合わせて側頸に結び、踏み換えて陽の陽で魂氣を発する。残心で魂氣を体側に結ぶ。受けは取りの背部へ螺旋で落ちる。

0 コメント

2015年

8月

26日

幸町道場稽古 相対動作より単独動作が優位

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏

  以上北村副指導員による

  • 相対基本動作:上段に与えて一教運動表(会員共通)
  • 正面打ち一教表裏(会員共通)

  *裏は軸足を剣線の外に作ると同時に返し突きで外入り身。剣合わせと一教運動裏をそのつもりで動作すること。

  • 前/後方受け身(小学生のみ)
  • 坐技片手取り呼吸法二本/両手取り呼吸法(小学生のみ)

  以下一般会員のみ

  • 横面打ち後手外転換三教裏
  • 横面打ち後手内転換四方投げ表裏:内転換で陰の魄氣。表は前方の足で前方回転の軸を作る。そのためには四方投げの持ち方で額に陰の陰で結ぶことが肝要。裏は後方の足をそのまま後方回転の軸とする。

 *くれぐれも額に振りかぶって陰の陰で結ぶこと。魂氣が受けの手とともに体軸に結ばなければ入り身転換も回転も不可能。その前に頭部を受けに曝すことで術理から外れる。

  • 横面打ち後手内転換外入り身転換呼吸法裏:四方投げは受けの上肢に対して空の氣に結び、呼吸法は真空の氣に結ぶ。
  • 諸手取り呼吸法表:単独呼吸法坐技の降氣の形から側頸に結ぶ動作と近似。外転換による体軸の密着と同時に側頸へ陰の陰ではなく陰の陽で結ぶ。脇が開いて肘が受けの胸骨上窩に嵌まる。取りの目付けは剣線に沿って上体のみ入り身転換するから受けの目付けと同方向である。したがって転換だけでも十分に上体は密着する。前の足先を踏み込んで軸とし、初めて後の足を受けの後三角に外入り身で魂氣を陽の陽で発する。肘で受けを突こうとしても氣結びにはならない。単独動作で自身の魂氣が側頸に結べば自ずと取りの上肢は畳まれたまま受けの前胸部から前頸部直下に結ぶ。相対動作よりも単独動作が優位。接するだけで良い(画像①)。
  • 諸手取り外転換呼吸投げ:降氣の形から回外し(画像②)、伸展して地を指す。
  • 諸手取り外転換外巡り入り身転換二教

続きを読む 0 コメント

2015年

8月

19日

幸町道場稽古 魄氣の陽では体軸の結びに至らず

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、前/後方回転、一教運動表/裏、入り身転換・反復、
  • 坐技片手取り呼吸法:降氣の形から陽の陽、上体の入り身運動に昇氣で側頸から陽の陽
  • 坐技両手取り呼吸法:一方の手は降氣の形から回外して陽の陰/一方の手を外巡りで肘を落として陰の陽に回内してから陽の陽で横面打ち入り身運動近似

 *肘を落とすと陰の陰で母指球の外側が受けの手首に接している(降氣の形で回外した状態に一致するが受けの上肢の外に接している)から、それを支点にして陰の陽に回内すると魂氣の氣結び。陽の陽で横面打ち入り身へ。

  • 片手取り外巡り外入り身運動
  • 片手取り外巡り逆半身外入り身運動・相半身外入り身運動:剣線上で受けの後三角に残心で魄氣を結ぶと受けは体軸と後方の足に魄氣の結びを失う。このとき受けに与えた手は取りの腰の後に結び、対側の半身(はんしん)は受けの脇の下を背部へ結ぶから、受けの体軸は剣線の外から内へ取りの腹側を回り後方へ螺旋で落ちる。隅落とし。

 *残心で二足を一本の軸とすれば体軸は受けに密着して魄氣の結びとなる。魄氣の陽で留まれば体軸は受けの体軸に結べない。

  • 片手取り外転換昇氣で呼吸法:側頸から陽の陽で受けの同名側の頸部に取りの橈側が接してなおも母指先の反りに合わせて上肢が巡り、送り足で一本の軸足とすることで魂氣は取りの体側に巡り・結ぶ(脇が閉じる)。これにより受けの側頸から腰背部に取りの魂氣が響いていく。つまり受けは取りの背部に接して後方へ螺旋で落ちる。
  • 横面打ち後手入り身投げ:横面打ちに両手で氣の巡りで相半身内入り身・振込突きを受けが払い相半身内転換と同時に払わせた手を外巡りで同名側の受けの手刀を払う。魄氣は陰であるから前の足先で地を踏み込んで軸とし逆半身横面打ちで外入り身転換・踏み換えて入り身投げ(画像)。

続きを読む 0 コメント

2015年

8月

09日

天神町道場稽古 陰の魄氣から、後方回転/一教運動表

  • 剣素振り入り身運動:正面打ち、突き、横面切り、正面切り・下段受け流し突き
  • 剣素振り入り身転換、抜刀前方/後方回転正面打ち
  • 組太刀:氣結びの太刀、組太刀1
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 相対基本動作坐技:両手で氣の巡り
  • 坐技正面打ち一教、二教表/裏、三教表/裏
  • 両手取り呼吸投げ:両手取り呼吸法で相半身内入り身転換/額と腰に結んで逆半身内入り身転換
  • 上段に与えて受けが同名側の手刀で守り・取りは外転換して対側の手で降氣の形から陽の陽にて手刀の内に結び陰の陽で巡って初動の手は返し突き近似から四方投げの持ち方で額に結び・前方回転・正面打ち近似に残心で四方投げ表
  • 突きに横面打ち外入り身転換で天地の間を突かせ、振り降りて陰の陽で丹田に結び、前方の地の手は陽の陽から腰に廻して陰の陽で結び・同側の足も同時に後方へ置き換えると、丹田で受けの母指球を包んで逆半身陰の魄氣。後方の足を軸として後方回転で小手返し。
  • 突きに横面打ち外入り身転換で振り降りて逆半身陰の魄氣として結んだ丹田に受けの手が無ければ、外巡りから陽の陰で逆半身のまま外入り身・後方の手も腰から陽の陰で発して送り足は相半身外入り身で受けの軸足下に進め(一教運動表の魄氣)、魂氣は受けの側頸に結び入り身投げ。

 *陰の魄氣で、後方回転は小手返し/一教運動表は入り身投げ。前者では魂氣が丹田に結ぶと受けの母指球を包んでいる/後者では陰の陽で掌は取りの魂氣だけ。

 

0 コメント

2015年

8月

05日

幸町道場稽古 魂氣の出る母指先が体軸に巡り発する・側頸

  • 杖取り:相半身で杖を取り降氣の形で入り身転換して天地に結び、地の足と杖尻を後方へ体の変更で呼吸投げ/相半身で杖を取り降氣の形で入り身転換して天地に結び、地の足と杖尻で逆半身内入り身転換四方投げ/相半身杖巡り直突き隅落とし(受けの脇の間へ突き入れる)
  • 杖投げ:相半身片手取りに杖巡り反復で四方投げ
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換、交差取り入り身転換
  • 片手取り外転換・陽の陽から鏡返し/外転換両手で外巡り外入り身転換小手返し
  • 片手取り四方投げ表裏:外転換で降氣の形から回外して額に結んで脇を開くと対側で四方投げの持ち方・前方回転・表/外入り身転換で降氣の形から回外して額に結んで脇を開くと対側で四方投げの持ち方・後方回転・裏。
  • 片手取り四方投げの持ち方で、与えて二教の手にした魂氣を陰の陽で側頸に結び、陽の陽で発して呼吸法・表/裏

 *表は外転換で上体を入り身転換近似で目付けを剣線に沿わせて側頸を開ける。裏は入り身転換で四方投げの持ち方裏・側頸に陰の陽で結び入り身転換反復(踏み換え)で陽の陽にて発する。

 *与えた手を二教の手から陰の陽で側頸に結ぶ動作は、受けに取らせた手を抜く動作そのものである。

  • 諸手取り外転換降氣の形から回外して地に結び呼吸投げ(画像①、②、③、④
  • 諸手取り外転換降氣の形から回外して地に結び外巡りで正立して二教
  • 諸手取り外転換呼吸法(画像⑤

 *降氣の形で陰の陽のまま側頸に結ぶから母指先は耳の下を背側に向き、母指先から陽の陽で受けの側頸に発することができる。陰の陰で耳の下に持ってきても母指先は地に向いており、腕を伸ばして受けの前頸部に当てて押すだけとなる。吸気とともに魂氣を側頸に結んで受けの底に響かせて初めて呼吸法と言える。

  • 正面打ち一教運動表:陰の陽で上段に与えて受けに正面を手刀で守らせ、開いた脇へ返し突き近似で逆半身内入り身・受けの上腕を陽の陰から陰の陽で包み、丹田に巡り・結ぶ(両手で氣の巡り)。
  • 正面打ち三教表:降氣の形から回外(単独呼吸法坐技)で母指球を受けの側頸方向へ突き出し、他の指では小指球を包んでいるから三教の成立。脇を閉めて地に結べば固め。

続きを読む 0 コメント

2015年

8月

02日

天神町道場稽古 後からは前方回転/前からは後方回転

  • 杖直突き2本:呼気の陰の魄氣で扱き、吸気で突く/吸気の陽の魄氣で扱き、突く
  • 剣素振り2本:陰の魄氣で振りかぶり、陽の魄氣で吸気の正面打ち/陽の魄氣で振りかぶり、呼気の継ぎ足で正面切り降ろし

 *「巡る氣流」の「17. 杖を扱き、剣を振りかぶる際の魄氣」参照

  • 組杖3
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身転換、体の回転(前/後)、一教運動表/裏
  • 下段に与えて外転換陽の陽で取らさず対側の手で受けの手首を掬い取り、初動の手を陽の陰に巡って反復転換で手掌を返して受けの手背を刈り取る=鏡返し
  • 下段に与えて外転換外巡りで取らさず対側の手を陽の陽として陰の陽・外巡りで受けの差し出す手を外し、初動の外巡りで取らさなかった手を陽の陰で取りの丹田に巡らせ受けの母指球を包み前の足を後に置き換えて軸とし、後ろ回転で小手返し
  • 突きに下段受け流し後ろ両肩取り・合氣落とし:降氣の形で剣線を相半身外入り身で外し・回外して陰の陰の母指先は受けの側頸を突く間合いで同側の肩に置いて包む。これを軸として対側の魂氣を逆半身外入り身で陽の陰として発し対側の肩を取る。この時点で受けに対して相半身で後に結んでいるから前の足を後ろに置き換えて逆半身として受けの後三角を開けてその頂点(取りの丹田の前)に落とす。
  • 上段に与えて後ろ両肩取り呼吸法:後両手取りの天地に結ぶ動作で受けが後ろ両肩取りに移行する。取りは額の陰の陰の魂氣が受けの顔面を母指先で捉えており、手首は自由でも受けを突かないで母指先の魂氣を取りの側頸に結ぶ(画像①②)。側頸を開くため目付けを反対側に向けるとき、地の方の足先を同側に向けて軸として前方回転。踏み替えて陽の陽で受けの同名側の頸部に発する。

 *間合いの詰まった状態での前/後方回転は本来の軸足の交代であることを再認識させてくれる。軸足の交代はその場での踏み替えではなく確かに置き換えて踏み換えであるが、一歩踏み込んだり退いたりではなく、元の軸足に巻き付くように、そのためには膝を折って、足下に対側の足を置き換える。

  • 真後ろから背に武器が当たったとき、両手を上げると同時に一方の足先を外股に踏み換えて軸とし、足先側で対側を剣線の外へ置き換えて軸を交代し、踏み換えると前方回転。
  • 正面から胸に武器が当たるとき、両手を上げると同時に一方の足先を内股に踏み換えて軸とし、踵側で対側を剣線の外へ置き換えて軸を交代し、踏み換えると後方回転。

 *首(目付け)を振る合氣体操で側頸を開閉する。

 *軸足の交代とは、移動させて交代するのではなく、元の軸足の周りで交代する。

  • 坐技上段に与えて三教表:降氣の形で小指球を包んで、取りの母指球で受けの母指球の背側を突き出し(回外)、受けの母指球そのものは取りの膝の外側に接して地に結ぶ想い。

 *手刀で合わすのではなく、陰の陽で魂氣を与えて触れるとともに陽の陽で発して結ぶ(真空の氣に入る)。接点の移動は些かも無いものと思うことが肝要。

続きを読む 0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です