2015年

3月

25日

幸町道場稽古 与えた手を内/外に巡ると入り身・転換ができる

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し入り身)、入り身転換、前・後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換(与えた手を内に巡って丹田に結ぶから入り身が出来る、画像①a.)/体の変更(後方に置き換えて陽の魄氣と魂氣、画像①b.)/入り身転換から後方回転(回転が終わるまで丹田の魂氣は陰の陽で結びを解かない)
  • 片手取り外転換呼吸法表:丹田から結びに行く
  • 交差取り外入り身転換呼吸法:与えた手を外に巡って出来た取りの脇の隙間で足先は受けの外に向けて入り身転換(画像①c.)受けに取らせた手は腰の後ろに結ぶため、受けの脇の隙間に、取りの今や前方の足を後ろに置き換えて再度相半身入り身・踏み替え=後ろ回転(画像①d.)。

 *片手取り呼吸法の陽の陽に合わせた同側の入り身の足は、拇趾先を踏み急がず、置くだけで(画像②〜⑤)、魂氣が体側に巡ると同時に踏み込んで軸とすれば拇趾先は外側に45度捻れて母指先に合わせていける。そこで送り足・残心が出来る。踏ん張って軸足としてしまってから同側の魂氣を陽に発すると、足腰の向きと手の向きが一致しない。魂氣と魄氣の結びがなければ合氣が産まれない。つまり、腕と肩と体軸の傾斜で受けを押し倒す動作に留まる。取り自身の単独動作としての氣結びが成立しない。陽の魄氣と陽の魂氣で固まるから残心とは対極。

  • 諸手取り外転換降氣の形から呼吸法:側頸への結びは昇氣ではなく、降氣の形から母指先が側頸に結ぶ単独呼吸法とは異なり、陰の陰からその場で陰の陽に巡る。諸手取りでの特徴。
  • 諸手取り外転換降氣の形から回外・呼吸投げ
  • 片手取り外転換外巡り・肘を落として回内・横面打ち呼吸投げ:あえて外入り身をせず。外入り身なら転換して取りの真中に降氣で地に結ぶ。
  • 両手取り逆半身外入り身外巡り・相半身外入り身・天地投げ:天の魂氣は陽の陽で目付けは受けの背側から真中に向ける。陽の陰に巡って丹田に陰の陰で結べば、受けは取りの前を通って後方へ螺旋で落ちる。
  • 相対基本動作:坐技上段に与えて両手で氣の巡り
  • 坐技正面打ち二教/三教/四教
  • 片手取り外転換外巡り陽の陰から二教
  • 交差取り外転換降氣の形から陽の陽・陽の陰・陰の陽に巡って二教
  • 正面打ちに直突き入り身転換/横面打ち入り身転換
  • 横面打ちに外転換・両手で受け流し・払い、逆半身外入り身・相半身外入り身投げ(表)

 *相半身で外入り身のとき、魂氣を陽の陽で天に差し上げ受けの前頸部を確実に擦り上げること。体側の上肢は受けの側頸を降氣の形で包み、異名側の取りの頸部に結んでいるから十分に畳んでいる。これが緩むと容易に受けの背に乗ってしまう。

 

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

22日

天神町道場稽古 外転換・入り身の軸足交代

  • 杖突き4本:直突き、返し突き、振込突き、後ろ突き

 *直突きは杖先を与えて対側の手で杖尻を取って陽の魄氣で扱いて送り足とともに陰の陽で丹田に結ぶ。丹田を過ぎて差し出せば陰の魄氣で丹田に巡って残心。

  • 杖巡り・上段受け流し/上段返し
  • 杖合わせ:下段返し振込突き(外転換・軸足を交代して入り身
  •  禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作坐技:片手取り呼吸法三本
  • 相対基本動作坐技:両手で氣の巡り/正面打ち一教運動裏
  • 相対基本動作片手取り入り身転換/片手取り体の変更
  • 片手取り外転換陽の陽・反復で鏡返し
  • 片手取り外巡り外転換・逆半身外入り身隅落とし外転換・軸足を交代して外入り身
  • 片手取り入り身転換・置き換えて外入り身隅落とし
  • 片手取り外転換二教の手で前方回転・四方投げ表
  • 諸手取り外転換回外呼吸投げ
  • 諸手取り外転換回外・上肢の伸展・反復転換して外巡りから陽の陰で二教(画像
  • 正面打ち入り身投げ表:上段に与えて逆半身外入り身で一教運動の魄氣。魂氣は陽の陽で結んで昇氣・陽の陰に巡って陰の陰で丹田に結び残心
  • 正面打ち入り身投げ裏二本:①一教運動裏で入り身転換・胸を受けの同名側の背に着けて反復転換で魂氣は陽の陰に巡って陰の陰で丹田に結ぶ。②外転換逆半身外入り身で一教運動の魄氣。魂氣は陽の陽で昇氣・対側は返し突き近似で受けの同名側の頸部に結び入り身投げ

 *受けの初動が突きの場合も後手で外転換・入り身。同じ動きで入り身投げ

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

18日

幸町道場稽古 巡りから上段払いと上段受け流し

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り(右手が陽なら左手は陰で吸気とともに天へ発し、呼気とともに右手は右体側に狭義の陽で巡り左手は丹田へ陰の陰で結ぶ。次の吸気で右を狭義の陰、左を狭義の陽に巡って左手が陽なら右手は陰で天に差し上げる)
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し入り身)、入り身転換・反復、一教運動表/裏、前/後方回転、
  • 相対基本動作坐技:下段に与えて片手取り呼吸法3本(①降氣の形から母指先方向へ陽の陽、②外巡り・肘を落として回内・陽の陽で横面打ち入り身運動近似、③降氣の形から回外・陽の陰・陰の陽)

 *陽の陰・陰の陽では吸気で手を広げて掌を受けの顔に被せ・呼気で小手返しの手で取りの体側に巡る

  • 坐技両手取り呼吸法:右手が陽なら左手は陰
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換/体の変更
  • 片手取り隅落とし表:外巡り外転換から逆半身外入り身で母指と同側の膝を受けの外三角の頂点へ結ぶ。
  • 片手取り隅落とし裏:入り身転換から前方の足先と同側の手を後ろに置き換え陰の魄氣から丹田の魂氣を外巡りで外入り身・母指と同側の膝を受けの外三角の頂点へ結ぶ。
  • 諸手取り呼吸投げ:外転換降氣の形から回外・肘を伸展して母指先と同側の膝を受けの内三角の頂点へ結ぶ。
  • 片手取り外巡り呼吸投げ表:外巡り外転換で肘を落として回内・横面打ちに差し上げその場で陽の魄氣から後方の膝を地に着き・同側の手刀は陰の陽で受けの内三角の頂点へ結ぶ。

 *外巡り外入り身転換は裏。内三角の頂点よりも受けの前足寄りに魂氣を結ぶから前受け身に至らない場合が多い。陰の陽で体側の膝に巡らし二教固めへ。

  • 片手取り四方投げ表:外転換で降氣の形から二教の手・対側の手で四方投げの持ち方・同側の足を前方回転の軸足として手背を額に結び目付けを保ち前方回転・受けの項に正面打ち近似から丹田へ巡って残心。

 *裏は降氣の形から二教の手で額に巡って同側の足を前方に進めて後ろ回転の軸足とし対側の手で四方投げの持ち方で手背を額に結び後ろ回転・受けの項に正面打ち近似から丹田へ巡って残心。

  • 交差取り外入り身転換呼吸法(画像①②):初動が全て。側頸の結びを確実にしてから置き換え踏み替えに引き続き陽の魄氣で魂氣を陽の陽・残心。
  • 上段に与えて一教運動表で正面打ち一教表:上段払い近似
  • 正面打ち一教裏:正面打ち後手に降氣の形から額に陰の陰で結び同側の足先は剣線を外して受けの真中を向く(上段受け流し近似)、つまり一教運動裏で逆半身入り身転換・置き換え踏み替え(後ろ回転)て後ろの膝から座る。

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

15日

天神町道場稽古 上段受け流しの魂氣は二教の手に非ず

  • 剣素振り入り身:正面打ち、突き、横面打ち、下段受け流し
  • 剣素振り回転:抜刀正面打ち前・後方回転
  • 剣合わせ:正面打ち入り身、上段受け流し正面打ち二本、突きに下段受け流し突き
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換/体の変更
  • 相対基本動作:片手取り外転換で陽の陽/逆半身内転換/振込突きで内入り身内転換で陰の陽
  • 片手取り外転換外巡り入り身・残心で地に結んで隅落とし
  • 諸手取り外転換降氣の形から反復内転換陽の陽で氣結び
  • 諸手取り外転換降氣の形から内転換反復で陽の陽から陽の陰に巡って陰の陽で丹田に巡って二教

 *受けの手首と肘の屈曲。取りが小指球から巡って陰の陽になれば、受けの肘は伸展して二教裏とならないから、受けの脇の内に母指先を進めて鳥船の陰の魄氣とする。陰の陽のままでは三教への持ち替えが術理。

  • 諸手取り外転換降氣の形で回外・母指先を地に結び同側の膝も同時に地に着き呼吸投げ。陰の陽の他の指で地を後ろに掃いて正立・残心。
  • 片手取り外転換二教の手から四方投げの持ち方で前方回転・四方投げ表(画像
  • 正面打ち一教裏:剣で上段受け流しと、徒手の上段受け流しの魂氣の違いに留意。前者は陰の陽母指先は外、後者は陰の陰で母指先は一教運動裏により内から外へ巡って受けの手首に結ぶ。
  • 正面打ち杖巡りで逆半身入り身・対側の手で三教に取って相半身外入り身転換で三教
  • 坐技正面打ち/横面打ちに両手で氣の巡り

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

11日

幸町道場稽古 胸の手は両手と後ろ回転で返す

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し入り身)、入り身転換・反復、前・後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作:坐技上段に与えて両手で氣の巡り
  • 坐技正面打ち三教/二教/四教
  • 交差取り一教裏
  • 交差取り外転換二教表(画像①):外転換で魂氣は陽の陽と発し・陽の陰と巡るから、陰の陽で丹田に向かわないと固めにならない。鳥船のイェイと同じで肘は伸展、手首は屈曲して受けの手首を包む指は取りの丹田に向け母指は受けの手首に沿わせその近位に向く。
  • 交差取り入り身転換二教裏:入り身転換で魂氣はすでに取りの丹田に結ぶから反復転換(振り返り)で二教固めとなる。受けの手首に沿わせた母指先からその脇の方向へ腰の反復転換とともに丹田から魂氣が伝わる想いで。稽古ではゆっくりと転換すること。
  • 突きに横面打ち外入り身転換/内入り身転換
  • 胸取りに横面打ち外入り身転換呼吸法
  • 胸取りに相半身振込突き内転換二教裏:内転換では、突きから陰の陽で受けの手背を小指球側で包み、対側の手は受けの手首を下から矢筈で受けておき、魄氣は陰で後ろに軸足を作るから、後方回転で胸とともに両手で受けの手を返す。内転換からは陽の魄氣で前方回転・表が一般的。従って外転換から二教裏も可能(画像②)。

 *魄氣を踏み替えて陽にすれば前方回転で表。いずれも180度までの回転で振り返る。

  • 坐技片手取り呼吸法:降氣の形から陽の陽/回外・陽の陰、内巡り昇氣、外巡り回内・横面打ち
  • 坐技両手取り呼吸法

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

08日

天神町道場稽古 一教運動裏は上段受け流し

  • 剣を用いて単独基本動作:入り身運動(正面打ち、突き、横面打ち、下段受け流し突き)、入り身転換・反復(上段受け流し正面打ち)、前・後方回転(抜刀正面打ち)、
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 相対基本動作坐技:片手取り呼吸法二本/両手取り呼吸法
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換/片手取り外転換で陽の陽
  • 片手取り外転換反復で鏡返し
  • 片手取り外転換陽の陽から陰の陽に巡って四方投げ表
  • 片手取り外転換二教の手で前方回転・四方投げ表
  • 両手取り相半身から外巡りで逆半身外入り身・送り足を受けの後方の足に向けて相半身外入り身で対側の魂氣は陽の陽で受けの前胸部を昇氣・天地投げ(画像①

 *入り身が受けとのすれ違いにならないように。魂氣を受けの側頸から腰の後ろへ響かせて底を抜くこと。魂氣はそのまま取りの丹田に結んで、残心によって受けは取りの前を螺旋で落ちて後ろの地に結ぶ。

  • 交差取り外転換二教/三教
  • 坐技正面打ち三教表/裏(画像②
  • 正面打ち入り身投げ表:上段に与えて母指先から陽の陽に発して結び、同時に対側の魂氣は陽の陰で受けの側頸へ、魄氣は外入り身・後方の足は送り足と同時に相半身外入り身にて受けの後ろの足に向く。
  • 正面打ち入り身投げ裏:秋猴の身で漆膠の身。受けの正面打ち振りかぶりに、陰の陽から回外(下段受け流し)を上段で頭頂に差し上げる(一教運動裏・陰の陰の魂氣)。魄氣は同側の足先を受けから剣線の外へ外して軸とする。同時に対側の魂氣は陽の陰で受けの側頸へ(一教運動裏)、陰の陽で結び入り身転換・陰の魄氣。取りの軸足側の胸半部と受けの異名側の背部は密着し、そのまま踏み替えて魂氣を陽の陽から陽の陰・陰の陰で受けの側頸から取りの丹田に結ぶ。入り身転換・反復で互いの体軸が結んだまま受けの側頸から取りの魂氣が受けの底に響き、取りの背側に螺旋で落ちる(画像③

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

04日

幸町道場稽古 陰の魄氣で軸足の膝を屈曲してバネの戻りで回転

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し)、一教運動表/裏、入り身転換・反復、前/後方回転(画像①②)
  • 相対基本動作:坐技片手取り呼吸法二本⑴下段に与えて肘の弛緩屈曲とともに手首の緊張伸展で氣結びし体軸は前傾する・吸気で肘は緊張伸展し腰・体軸・上肢母指先まで一直線で発する。鳥船イェイ・イェイ近似で(画像③)。⑵下段に与えて外巡り・対側の手は振込突き・肘を弛緩屈曲し母指の付け根が受けの手首に接するからそれを支点とする回内で陽の陽・横面打ち入り身運動と振り子運動を合わせて臍下丹田〜地に結ぶ。
  • 片手取り外巡り外転換呼吸投げ:横面打ち入り身運動を同側の膝とともに地に結ぶ。その点は、受けの両足を結ぶ線の真中から内側(画像④)
  • 片手取り外巡り外転換隅落とし:外巡りで地に向いた母指先を同側の膝とともに地に着けて結ぶ。その点は、受けの両足を結ぶ線の真中から外側。
  • 片手取り入り身転換置き換え逆半身外入り身・相半身外入り身隅落とし(裏)
  • 突きに相打ちで横面打ち外入り身転換・陰の陽で巡り触れると小手返しに取り・置き換え後ろ回転小手返し(裏)

 *陽の陰で丹田に結ぶ魂気の巡りと、魄氣の後ろ回転が合わさる合氣で小手が返る。後ろ回転ではなく四股立ちでその場の地に向けて魂氣を270度回転させる小手返しでは、手背の過伸展に要注意。体軸の直立を無視して過度に手首を屈曲させる際は前もって必ず受けの対応を要請すべきで、稽古は外傷を発症させることが目的ではない。

  • 突き内転換・外巡りで外入り身転換入り身投げ(裏)
  • 諸手取り呼吸法:降氣の形で外転換・側頸に結んで入り身とともに陽の陽(画像⑤)。
  • 諸手取り呼吸法前方回転:降氣の形で外転換とともに陰の陰で額に結び(前腕を水平にする二教の手とは異なる)(画像⑥)・前方の足先を外股に踏み込んで軸とし(同側の手は、諸手取りの際は自由であるから膝上に置き、単独動作通りに軸足を確立する)前方回転・額の母指は対側の頸部に降りてから丹田へ降氣・膝上の手は腰の後ろに結んで陰の陰の残心。それで足腰・上体の体軸は直立する。この間受けの体軸は弓なりの程度が増し、取りの降氣とともに取りに接したまま真下に落ちる。取りの魂氣が自身の体軸を降りるとともに受けも取りの母指先に集中して取りの体内を滑り落ちる想いで。

 *回転は陰の魄氣であるから軸足は屈曲して上体を支え・目付けを保つことで体軸は正立が維持される。膝上の手は回転が終わってから離して腰に巡る。

 *魂氣と魄氣と目付けが動作しなければ軸足が回転と同時に伸展し、軸自体が揺れて受けとの結びが弛み、受けの体軸が弓なりにならず正立に戻ってしまう。廻り終えるまでの額への結びと軸足の確立が要訣。

続きを読む 0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です