突き後手二本 ①横面打ち転換・呼吸法

①自然体で対峙
①自然体で対峙
②振り込み突きに外転換で異名側の魂氣を横面打ちに振りかぶる
②振り込み突きに外転換で異名側の魂氣を横面打ちに振りかぶる
③丹田に陰の陽で降りるが同時に受けも拳を中心に戻す
③丹田に陰の陽で降りるが同時に受けも拳を中心に戻す
④丹田に巡ると受けの手に当たらない 前にある右足を受けの足先に合わせて軸足として目付を剣線に合わせると背と上腕が受けの胸に着く 魂氣は一気に昇氣で陰の陽にて側頸に結ぶ 
④丹田に巡ると受けの手に当たらない 前にある右足を受けの足先に合わせて軸足として目付を剣線に合わせると背と上腕が受けの胸に着く 魂氣は一気に昇氣で陰の陽にて側頸に結ぶ 
⑤後ろの左足を受けの後ろに置き換え左半身入り身とし魂氣は母指先の反りに合わせて陽の陽で発すると受けは取りの背側に沿って螺旋で落ちる 取りの残心では左上肢が自身の体側に密着し右魂氣は腰のまま
⑤後ろの左足を受けの後ろに置き換え左半身入り身とし魂氣は母指先の反りに合わせて陽の陽で発すると受けは取りの背側に沿って螺旋で落ちる 取りの残心では左上肢が自身の体側に密着し右魂氣は腰のまま

②杖巡り・外入身

①自然体から受けの右半身振込突きを見て
①自然体から受けの右半身振込突きを見て
②右足で剣線を後ろに外して逆半身杖巡り
②右足で剣線を後ろに外して逆半身杖巡り
③右手は額から陰の陽で降りても受けの手に当たらず外巡りで一気に陽の陰で発する 対側の魂氣も対称的に陽の陰で左半身陽の魄氣の外入り身
③右手は額から陰の陽で降りても受けの手に当たらず外巡りで一気に陽の陰で発する 対側の魂氣も対称的に陽の陰で左半身陽の魄氣の外入り身
④魄氣は送り足で左半身の残心 魂氣は陰の陰で母指先を受けの背に着けて反りの方向は受けの腰に向く(画像では母指先が受けの肩に隠れている)・さらに取りの丹田に結べば右半身の残心へ 受けは取りの左足の後方へ螺旋で落ちる
④魄氣は送り足で左半身の残心 魂氣は陰の陰で母指先を受けの背に着けて反りの方向は受けの腰に向く(画像では母指先が受けの肩に隠れている)・さらに取りの丹田に結べば右半身の残心へ 受けは取りの左足の後方へ螺旋で落ちる
参考:下段受け流しからの入身で魂氣は陽の陰から陰の陰へ 母指先の反りが丹田に向かうところを示す。受けは取りの左足の後方へ螺旋で落ちる。
参考:下段受け流しからの入身で魂氣は陽の陰から陰の陰へ 母指先の反りが丹田に向かうところを示す。受けは取りの左足の後方へ螺旋で落ちる。

上段に与えて陽に発して結び陰に巡って正面当て

①上段に陰の陽で与えて両手で氣の巡りへ

②右手を陽の陽で発すると氣結び

③陽の陰に巡る

④手掌を受けの真中に当てる

正面打ち二教表

①陰の陽で上段に与える

②受けは中心を守る

③右の魂氣は陰の陽で受けの手刀に当たり、左は陽の陰で上腕に当たり、押さずに両手の氣の巡りへ

④受けに当たって陽の陽に発して結ぶ

⑤結んだ右手を接点より受けの内側で陽の陰に巡り

⑥矢筈に開き

⑦矢筈を受けの手背に沿わせて引き寄せ

⑧再度陰の陽に巡り取りの真中で二教。地に結べば表。

正面打ち三教表

①陰の陽で上段に与え、受けは真中を手刀で守り、取りは両手で氣の巡り

②右手が陰の陽で受けに当たり左手は上腕に矢筈で当たる

③右手が当たれば陽の陽に開く

④陽の陽で接点より受けの内側に結ぶ

⑤陽の陰に巡って手掌面を受けの手背面に沿って指先方向に滑らす

⑥小指側から指先を揃えて手背側で把持し

⑦右手を陰の陽に巡り取りの真中に寄せる(降氣の形)と左手を外して

⑧左手を陰の陽で受けの開いた脇から差し入れ、手関節を把持し、陰の陰に返して取りの丹田の方向に巡らす。右膝を外に開いて軸とし、左膝を引き寄せると受けの手掌は左膝の外側面に結ぶ。目付と上体を右に倒す振り子運動で受けの手掌が取りの左膝に接したまま引き上げられて三教が成り立つ。

正面打ち四教表

①上段に陰の陽で与え受けは手刀で中心を守る

②当たれば陽の陽で結び両手で氣の巡り

 

③陽の陰に巡って受けの手首の伸側に手掌を当て

④陰の陽で受けの手首を伸側から把持して降氣の形で取りの前に巡らす

⑤左手を受けの手首の屈側に進め、つぼに示指の付け根を嵌めて両手で絞る。左手は伸展して丹田に結び、左側に傾斜する振り子運動で左手膝腰に重心を置く。(受けの右手首において、取りの右母指と示指の間に露出する部分を左示指の付け根で塞げばそこがつぼである)

横面打ち後手四方投げ

①左相半身
①左相半身
②受けの横面打ちを陰の陽で受けるが後手のため左足は進められず軸とする
②受けの横面打ちを陰の陽で受けるが後手のため左足は進められず軸とする
③右相半身で振込突き・右足を軸として左半身の入身転換により左手は陽の陽で受けの手刀に結ぶ
③右相半身で振込突き・右足を軸として左半身の入身転換により左手は陽の陽で受けの手刀に結ぶ
④振込突きを受けに払わせ・左手は陽の陽から陰の陽で巡ると受けの手首は丹田に寄せられる
④振込突きを受けに払わせ・左手は陽の陽から陰の陽で巡ると受けの手首は丹田に寄せられる
⑤左足を後方に一歩置き換えて内転換・受けに払われた手を受けの手首の下から丹田の前で陰の陽にて取る
⑤左足を後方に一歩置き換えて内転換・受けに払われた手を受けの手首の下から丹田の前で陰の陽にて取る
⑦右半身陰の魄氣は前方の右足で前方回転の軸足を作り・両手は止まらず右手を四方投げの持ち方で陰の陰にて振りかぶり・上体が迎えにいって手背は額に結ぶ (前方回転で正面打ち近似にて受けの項に結んだあと陰の魄氣で丹田に巡らすと受けは取りの丹田を経て後ろの左足方向に落ちる)
⑦右半身陰の魄氣は前方の右足で前方回転の軸足を作り・両手は止まらず右手を四方投げの持ち方で陰の陰にて振りかぶり・上体が迎えにいって手背は額に結ぶ (前方回転で正面打ち近似にて受けの項に結んだあと陰の魄氣で丹田に巡らすと受けは取りの丹田を経て後ろの左足方向に落ちる)

後ろ両手取りの結び

①上段に手刀を与えて
①上段に手刀を与えて
②陰の陽の降氣の形に合わせて受けは手首を取る(単独呼吸法の降氣はフォトギャラリー参照)
②陰の陽の降氣の形に合わせて受けは手首を取る(単独呼吸法の降氣はフォトギャラリー参照)
③降氣の形に肘も閉じて母指を肩の高さへ 左相半身外入身転換へ
③降氣の形に肘も閉じて母指を肩の高さへ 左相半身外入身転換へ
④脇を開けつつ同側の足腰を相半身外入り身転換へ・受けは対側の手で同名側の取りの手を取ろうとする。
④脇を開けつつ同側の足腰を相半身外入り身転換へ・受けは対側の手で同名側の取りの手を取ろうとする。
⑤脇を開いて側頸に母指を結び
⑤脇を開いて側頸に母指を結び
⑥側頸から額に陰の陰で巡り(天)対側の手は陰の陽で相対的に丹田(地)に結ぶ・魄氣は入り身転換で右半身の陰。次は前の右足先を後方に置き換え踏み替える(再度入り身転換)か、そのまま右足先を外に踏み替え軸足として前方回転するか。いずれにしても丹田の結びを解かない。反対に天の結びを側頸に降ろすか丹田に降ろすかで技の違いに進展する(天地の結びの単独動作はフォトギャラリー参照)。
⑥側頸から額に陰の陰で巡り(天)対側の手は陰の陽で相対的に丹田(地)に結ぶ・魄氣は入り身転換で右半身の陰。次は前の右足先を後方に置き換え踏み替える(再度入り身転換)か、そのまま右足先を外に踏み替え軸足として前方回転するか。いずれにしても丹田の結びを解かない。反対に天の結びを側頸に降ろすか丹田に降ろすかで技の違いに進展する(天地の結びの単独動作はフォトギャラリー参照)。

交差取り外巡り入身投げ

①魄氣の陰・魂氣を陰の陽で下段に与える
①魄氣の陰・魂氣を陰の陽で下段に与える
②前の足を軸として魂氣を取らさず外巡り
②前の足を軸として魂氣を取らさず外巡り
③肘を落とし脇を閉めて陰の陽の魂氣で逆半身外入身
③肘を落とし脇を閉めて陰の陽の魂氣で逆半身外入身
④送り足とともに魂氣は陽の陽で尺側が側頸に当たる
④送り足とともに魂氣は陽の陽で尺側が側頸に当たる
⑤送り足は受けの後ろで真中に向き魂氣は陽の陰から陰の陰に巡って撓側が側頸に響き・母指先の反りに合わせて受けの背に沿って取りの丹田に結ぶ 受けは取りの左足を回って取りの左後方に螺旋で落ちる
⑤送り足は受けの後ろで真中に向き魂氣は陽の陰から陰の陰に巡って撓側が側頸に響き・母指先の反りに合わせて受けの背に沿って取りの丹田に結ぶ 受けは取りの左足を回って取りの左後方に螺旋で落ちる

交差取り下段受け流し入り身投げ

①魄氣の陰・魂氣を陽の陰で下段に与える
①魄氣の陰・魂氣を陽の陰で下段に与える
②前の足先で剣線を外し魂氣は降氣の形で受けの手の外に陰の陽
②前の足先で剣線を外し魂氣は降氣の形で受けの手の外に陰の陽
③右足を軸として逆半身外入身・魂氣は回外して母指先を異名側の頸部に向け陰の陰
③右足を軸として逆半身外入身・魂氣は回外して母指先を異名側の頸部に向け陰の陰
④送り足と共に魂氣は陽の陰で撓側が側頸に当たる・母指先の反りに合わせて巡る
④送り足と共に魂氣は陽の陰で撓側が側頸に当たる・母指先の反りに合わせて巡る
⑤送り足は受けの後ろで足先を真中に向け魂氣は母指先が受けの背に沿い取りの丹田に陰の陰で結ぶ・受けは取りの左足の前を回って取りの後ろへ螺旋で落ちる
⑤送り足は受けの後ろで足先を真中に向け魂氣は母指先が受けの背に沿い取りの丹田に陰の陰で結ぶ・受けは取りの左足の前を回って取りの後ろへ螺旋で落ちる

片手取り入身転換呼吸法 左半身

①陰の魄氣で陰の陽の魂氣を与える
①陰の魄氣で陰の陽の魂氣を与える
②入身転換で与えた魂氣は陰の陽で丹田に巡って結ぶ・対側は陽の陽
②入身転換で与えた魂氣は陰の陽で丹田に巡って結ぶ・対側は陽の陽
③魄氣は陰で魂氣は呼吸法昇氣・一気で側頸に陰の陽で結ぶ。耳の後ろで母指先は背側に向く。体側と畳んだ上肢を受けに着ける(漆膠の身)、魂氣は一瞬腰と側頸に結び両側とも陰で受けに打ち当てない(秋猴の身)
③魄氣は陰で魂氣は呼吸法昇氣・一気で側頸に陰の陽で結ぶ。耳の後ろで母指先は背側に向く。体側と畳んだ上肢を受けに着ける(漆膠の身)、魂氣は一瞬腰と側頸に結び両側とも陰で受けに打ち当てない(秋猴の身)
④前(右)の足先を内方に踏み替えて軸とし・魂氣を陰の陽から母指先を経て陽の陽へと発して同側の母趾先を受けの背側真中で入り身転換反復へ
④前(右)の足先を内方に踏み替えて軸とし・魂氣を陰の陽から母指先を経て陽の陽へと発して同側の母趾先を受けの背側真中で入り身転換反復へ
④入り身転換反復・魂氣を陽の陽で発して左母趾先を左母指に合わせ踏み替え・軸足とすれば後ろ(右)の足を送って残心・魂氣は(左)母指先から(左)体側に巡るから受けは取りの背面に螺旋で落ちる
④入り身転換反復・魂氣を陽の陽で発して左母趾先を左母指に合わせ踏み替え・軸足とすれば後ろ(右)の足を送って残心・魂氣は(左)母指先から(左)体側に巡るから受けは取りの背面に螺旋で落ちる
④の拡大 母指先(魂氣)の方向は地、反りによって魂氣が撓側を経て受けの同名の側頸部から腰背部に響いて取りの体側へ結ぶと残心
④の拡大 母指先(魂氣)の方向は地、反りによって魂氣が撓側を経て受けの同名の側頸部から腰背部に響いて取りの体側へ結ぶと残心

片手取り入身転換呼吸法 右半身

①右半身陰の魄氣で下段に与える
①右半身陰の魄氣で下段に与える
②魂氣を陰の陽のまま丹田に巡り逆半身外入り身転換
②魂氣を陰の陽のまま丹田に巡り逆半身外入り身転換
③取らせた手を陰の陽で一気に昇氣で側頸へ・体側の魂氣を陽の陽から陰の陽で腰の後ろに結ぶと同時に同側の足先を内股に踏み替えて軸とし魄氣は漆膠の身・魂氣は秋猴の身で取りの肘は閉じて受けの胸部正中に接する(秋猴の身と漆膠の身)
③取らせた手を陰の陽で一気に昇氣で側頸へ・体側の魂氣を陽の陽から陰の陽で腰の後ろに結ぶと同時に同側の足先を内股に踏み替えて軸とし魄氣は漆膠の身・魂氣は秋猴の身で取りの肘は閉じて受けの胸部正中に接する(秋猴の身と漆膠の身)
④入身転換の反復で今や前方の足(右)先に合わせて魂氣を側頸から陽の陽で発すると母指先の反りの方向へと巡り同時に送り足で残心・受けでは側頸に取りの撓側部から魂氣が響き腰背部を抜けて・取りの体側に上肢全体が伸展したまま結び・受けは取りの背側へ螺旋で落ちる
④入身転換の反復で今や前方の足(右)先に合わせて魂氣を側頸から陽の陽で発すると母指先の反りの方向へと巡り同時に送り足で残心・受けでは側頸に取りの撓側部から魂氣が響き腰背部を抜けて・取りの体側に上肢全体が伸展したまま結び・受けは取りの背側へ螺旋で落ちる

諸手取り呼吸投げ

①陽の陰で与え諸手で取らせる
①陽の陰で与え諸手で取らせる
②前方の足先を外に置き換えて魂氣は降氣の形へ
②前方の足先を外に置き換えて魂氣は降氣の形へ
③外転換と共に降氣の形で陰の陽の魂氣は母指先を側頸の高さに
③外転換と共に降氣の形で陰の陽の魂氣は母指先を側頸の高さに
④回外して母指先を前方に向ける
④回外して母指先を前方に向ける
⑤魂氣を天に結ぶ・前の足を軸として後方の膝を地に着け母指先を一気に地へ結ぶ
⑤魂氣を天に結ぶ・前の足を軸として後方の膝を地に着け母指先を一気に地へ結ぶ

坐技両手取り四教

①陰の陽で魂氣を与えて
①陰の陽で魂氣を与えて
②左手を陽・右手を陰(左母指を天・右母指を地)に返して両手を取らせ
②左手を陽・右手を陰(左母指を天・右母指を地)に返して両手を取らせ
③左を陽の陽へ・右を外巡り
③左を陽の陽へ・右を外巡り
④右の脇を閉じて母指は受けの手首の尺側に掛けて回内し陰の陽で下から手首を受ける様に取る・左は陽の陽から陽の陰に巡って
④右の脇を閉じて母指は受けの手首の尺側に掛けて回内し陰の陽で下から手首を受ける様に取る・左は陽の陽から陽の陰に巡って
⑤右手を陽の陰に返しつつ母指の腹から受けの真中へ発し(回外)天とし・左は陰の陰で丹田に巡り地とする・両上肢を伸展し右(天)は母指球から示指の根元へと発氣を移す
⑤右手を陽の陰に返しつつ母指の腹から受けの真中へ発し(回外)天とし・左は陰の陰で丹田に巡り地とする・両上肢を伸展し右(天)は母指球から示指の根元へと発氣を移す

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です