片手取り入り身運動 左逆半身外巡り

①左半身 陰の陽で与えようとする
①左半身 陰の陽で与えようとする
②受けは逆半身で抑え取ろうとする
②受けは逆半身で抑え取ろうとする
③陰の陽のまま丹田に巡ってから陰の陰の外巡りで半歩入って陽の魄氣で外入り身 秋猴の身
③陰の陽のまま丹田に巡ってから陰の陰の外巡りで半歩入って陽の魄氣で外入り身 秋猴の身
④送り足で左半身残心
④送り足で左半身残心

片手取り入り身運動 右逆半身外巡り

陰の陽から陰の陰に巡り母指先方向に揺れた腕と丹田との隙間に自身が右半身で半歩入る
陰の陽から陰の陰に巡り母指先方向に揺れた腕と丹田との隙間に自身が右半身で半歩入る
①右半身で魄氣は陰 陰の陽で魂氣を与えようとする
①右半身で魄氣は陰 陰の陽で魂氣を与えようとする
②受けは逆半身で抑え取ろうとする
②受けは逆半身で抑え取ろうとする
③魂氣を陰の陽で丹田に巡ってさらに陰の陰で外巡り 受けの左足腰と取りの右手の間に魄氣の陽で入り身
③魂氣を陰の陽で丹田に巡ってさらに陰の陰で外巡り 受けの左足腰と取りの右手の間に魄氣の陽で入り身
④送り足で右半身残心 魂氣は陰の陰で丹田に結ぶ
④送り足で右半身残心 魂氣は陰の陰で丹田に結ぶ

片手取り外入り身転換 左逆半身

①陰の陽で与える
①陰の陽で与える
②受けは逆半身で抑え左手は陰の陽で腰に置く
②受けは逆半身で抑え左手は陰の陽で腰に置く
③魂氣は陰の陽の内巡りで丹田へ 受けの右上肢の外に接して左足先から陽の魄氣で入り身 左足先は受けの中心に向けて軸足へ 右手を陽の陽で差し出して転換し左背を受けの右胸部に接する
③魂氣は陰の陽の内巡りで丹田へ 受けの右上肢の外に接して左足先から陽の魄氣で入り身 左足先は受けの中心に向けて軸足へ 右手を陽の陽で差し出して転換し左背を受けの右胸部に接する
④右手右足先目付を揃えて前方へ 左足を軸とする右半身で陰の魄氣 左手は陰の陽で丹田に結ぶ 入り身転換は受けの左手足に取りが機会を与えない動作であるが、このままで受けを固めるわけではなく、ここから魂氣が呼吸法では昇氣で側頸へ/体の変更では前方へ陽の陽
④右手右足先目付を揃えて前方へ 左足を軸とする右半身で陰の魄氣 左手は陰の陽で丹田に結ぶ 入り身転換は受けの左手足に取りが機会を与えない動作であるが、このままで受けを固めるわけではなく、ここから魂氣が呼吸法では昇氣で側頸へ/体の変更では前方へ陽の陽

片手取り外入り身転換 右逆半身

①右半身陰の陽で魂氣を与える
①右半身陰の陽で魂氣を与える
②取ろうとするとき魂氣は陰の陽で丹田に降りる 両者の上肢と剣線の隙間に陽の魄氣で入り身 右足先を受けの真中に向けて軸とする 秋猴の身
②取ろうとするとき魂氣は陰の陽で丹田に降りる 両者の上肢と剣線の隙間に陽の魄氣で入り身 右足先を受けの真中に向けて軸とする 秋猴の身
③右手を陰の陽で丹田に結びながら右足腰で転換して陰の魄氣 左手を陽の陽 目付を手掌に向け左足先を目付の方向に
③右手を陰の陽で丹田に結びながら右足腰で転換して陰の魄氣 左手を陽の陽 目付を手掌に向け左足先を目付の方向に

片手取り体の変更 右逆半身

①右半身の陰の陽で与えようとする 右逆半身で片手取り
①右半身の陰の陽で与えようとする 右逆半身で片手取り
②魂氣は陰の陽で丹田へ 
②魂氣は陰の陽で丹田へ 
③受けの上肢と剣線の隙間に半歩進めて陽の魄氣で入り身運動
③受けの上肢と剣線の隙間に半歩進めて陽の魄氣で入り身運動
④右足腰が互いの上肢と剣線の作る隙間に入り軸足として左半身に転換 魄氣は陰
④右足腰が互いの上肢と剣線の作る隙間に入り軸足として左半身に転換 魄氣は陰
⑤左手足を後方へ置き換えて右手を丹田から前方へ陽の陽とし 魄氣は右半身の陽 受けは取りの肩が開くことでその右上肢の方向へ一歩踏み出す *左手は腰に廻し左足は右軸足の踵を回る様にして後ろに置き換える 後ろに一歩下がると魄氣の陽が前のめりになる
⑤左手足を後方へ置き換えて右手を丹田から前方へ陽の陽とし 魄氣は右半身の陽 受けは取りの肩が開くことでその右上肢の方向へ一歩踏み出す *左手は腰に廻し左足は右軸足の踵を回る様にして後ろに置き換える 後ろに一歩下がると魄氣の陽が前のめりになる
⑥右逆半身のまま体の変更
⑥右逆半身のまま体の変更

坐技呼吸法 片手取り降氣の形から回外

①左手を陰の陽で与える
①左手を陰の陽で与える
②脇を閉じて降氣の形へ
②脇を閉じて降氣の形へ
③肘を閉じ手首を屈曲して降氣の形
③肘を閉じ手首を屈曲して降氣の形
④回外して母指先を受けの真中へ向け
④回外して母指先を受けの真中へ向け
⑤陽の陰へ 受けが左手を地に結ぶ瞬間取りは呼気で陰の陽に巡って腋を閉め上肢全体が取り自身の左体側に密着して手背は地に結ぶ 受けは取りの左側後方に前方受け身
⑤陽の陰へ 受けが左手を地に結ぶ瞬間取りは呼気で陰の陽に巡って腋を閉め上肢全体が取り自身の左体側に密着して手背は地に結ぶ 受けは取りの左側後方に前方受け身

坐技呼吸法 片手取り入り身運動・昇氣・側頸に結んで陽の陽

①陰の陽で与える
①陰の陽で与える
②入り身運動と共に丹田に陰の陽で結ぶ 目付を右肩方向に向け左側頸を開ける 母指を除く指は揃って上を向き丹田に接している
②入り身運動と共に丹田に陰の陽で結ぶ 目付を右肩方向に向け左側頸を開ける 母指を除く指は揃って上を向き丹田に接している
③一気に昇氣で左側頸に結ぼうとする(秋猴の身) 左膝に重心を置いている(単独呼吸法転換運動)
③一気に昇氣で左側頸に結ぼうとする(秋猴の身) 左膝に重心を置いている(単独呼吸法転換運動)
④耳の後ろから母指を経て陽の陽へ 母指先の反りに合わせて左体側に結んで残心へ 受けは取りの背側に落ちる
④耳の後ろから母指を経て陽の陽へ 母指先の反りに合わせて左体側に結んで残心へ 受けは取りの背側に落ちる

坐技一教運動表 左半身

①左魂氣を陰の陽で与える 受けは手刀で正面を守る
①左魂氣を陰の陽で与える 受けは手刀で正面を守る
②接触の瞬間左手を陽の陽に広げて右は陽の陰の矢筈に 両手の巡りで魂氣の結び
②接触の瞬間左手を陽の陽に広げて右は陽の陰の矢筈に 両手の巡りで魂氣の結び
③右手は陰の陽へと巡る 左手は陽の陽で両手とも母指先方向へ
③右手は陰の陽へと巡る 左手は陽の陽で両手とも母指先方向へ
④右手は陰の陽で丹田に結び 右半身の入り身運動でここまでは目付を正面に維持
④右手は陰の陽で丹田に結び 右半身の入り身運動でここまでは目付を正面に維持

坐技一教運動表 右半身

①右手を陰の陽で上段に与えようとする
①右手を陰の陽で上段に与えようとする
②触れると陽の陽へ開く
②触れると陽の陽へ開く
③母指先方向へ巡る
③母指先方向へ巡る
④右手は母指先方向 左手は陽の陰から陰の陽に巡って丹田へ  左半身入り身運動
④右手は母指先方向 左手は陽の陰から陰の陽に巡って丹田へ 左半身入り身運動

坐技一教運動裏 右半身

①受けの正面打ちに右膝を左膝に引きつけ軸として右手を降氣の形 
①受けの正面打ちに右膝を左膝に引きつけ軸として右手を降氣の形 
②左手を陽の陰 左膝を受けの右側面に進め返し突き近似
②左手を陽の陰 左膝を受けの右側面に進め返し突き近似
③左半身で転換し左手は陽の陰 右手は額から降りて陰の陽で母指先方向へ  坐技単独呼吸法の両手で氣の巡り
③左半身で転換し左手は陽の陰 右手は額から降りて陰の陽で母指先方向へ  坐技単独呼吸法の両手で氣の巡り
③表と異なり右手は丹田の前で広義の陰 左手は広義の陽
③表と異なり右手は丹田の前で広義の陰 左手は広義の陽

坐技片手取り外巡り入り身運動 左半身

①左手の魂氣を陰の陽で与えて
①左手の魂氣を陰の陽で与えて
②丹田に結び陰の陰に巡り脇を開いて二教の手へ(外巡り)
②丹田に結び陰の陰に巡り脇を開いて二教の手へ(外巡り)
③肘を落として互いの開いた脇を締める 二教の手のまま陰の陰
③肘を落として互いの開いた脇を締める 二教の手のまま陰の陰
④左手を回内して陽の陽で魂氣の結び 横面打ち外入り身運動近似で陰の陽にて丹田へ巡り地に結ぶ 受けは左手を地についており左膝を結ぶ線を底辺とする三角形の頂点に右手が結び・取りの丹田の直下に位置し 右手方向に腹這いになる
④左手を回内して陽の陽で魂氣の結び 横面打ち外入り身運動近似で陰の陽にて丹田へ巡り地に結ぶ 受けは左手を地についており左膝を結ぶ線を底辺とする三角形の頂点に右手が結び・取りの丹田の直下に位置し 右手方向に腹這いになる

坐技片手取り外巡り入り身運動 右半身

①右手を陰の陽で与えて
①右手を陰の陽で与えて
②丹田に結び外巡りで陰の陰
②丹田に結び外巡りで陰の陰
③脇を開いて二教の手
③脇を開いて二教の手
④肘を落として互いの開いた脇を入り身運動で取りが占めて陰の陽に回内
④肘を落として互いの開いた脇を入り身運動で取りが占めて陰の陽に回内
⑤陽の陽で横面打ち近似
⑤陽の陽で横面打ち近似
⑥外入り身運動にて陰の陽で丹田に結ぶ
⑥外入り身運動にて陰の陽で丹田に結ぶ
⑦受けの左手は 地に結んでいる右手と左膝を結ぶ線を底辺とする三角形の頂点(丹田の直下)に結ぶ 入り身運動の姿勢・目付を維持して丹田を受けから離さない
⑦受けの左手は 地に結んでいる右手と左膝を結ぶ線を底辺とする三角形の頂点(丹田の直下)に結ぶ 入り身運動の姿勢・目付を維持して丹田を受けから離さない

諸手取り外転換降氣の形から回外して氣結び

①左半身陽の陰で与える
①左半身陽の陰で与える
②陰の陽に巡り右半身に転換しようと左足を外方に置き換えて軸とする
②陰の陽に巡り右半身に転換しようと左足を外方に置き換えて軸とする
③右足先で剣線を外して前方の足として引き寄せ 降氣の形から回外して母指先を前方に向けると受けは後背部方向に崩れる 秋猴の身 母指先が真下の地に結ぶと呼吸投げ
③右足先で剣線を外して前方の足として引き寄せ 降氣の形から回外して母指先を前方に向けると受けは後背部方向に崩れる 秋猴の身 母指先が真下の地に結ぶと呼吸投げ
①右半身の陽の陰で与える
①右半身の陽の陰で与える
②左半身外転換で陰の魄氣へ 脇に続き肘と手首も屈曲して降氣の形へ
②左半身外転換で陰の魄氣へ 脇に続き肘と手首も屈曲して降氣の形へ
③回外して母指先を前方に向け 置き換えた左足を軸として後方の右足を後方に跳ね上げ膝を地に着こうとする 呼吸投げへ
③回外して母指先を前方に向け 置き換えた左足を軸として後方の右足を後方に跳ね上げ膝を地に着こうとする 呼吸投げへ
③回外により陰の陰で母指先を前方へ ここで脇を開けば二教の手であり手背は額に結ぶ その場合は前方回転呼吸法へ
③回外により陰の陰で母指先を前方へ ここで脇を開けば二教の手であり手背は額に結ぶ その場合は前方回転呼吸法へ

諸手取り外転換呼吸法表

①左半身陰の魄氣で陽の陰の魂氣を与えて目付を剣線に直角とし
①左半身陰の魄氣で陽の陰の魂氣を与えて目付を剣線に直角とし
②左足を外に半歩置き換え軸とする 降氣の形は右足を送って始めの左足の位置に置けば外転換と共に成立
②左足を外に半歩置き換え軸とする 降氣の形は右足を送って始めの左足の位置に置けば外転換と共に成立
③陰の魄氣で降氣の形から目付は剣線に沿わせ左側頸を開く。陰の陽で側頸に結ぶと上腕は受けの前胸部右半部に密着し肘は前頸下部中央に位置する。側頸に魂氣が結ぶと同時に右足を軸とする(秋猴の身)。 魂氣の結びが無いまま足の置き換え踏み替えはできない。取りの左手と軸になった右足が結んでいる。
③陰の魄氣で降氣の形から目付は剣線に沿わせ左側頸を開く。陰の陽で側頸に結ぶと上腕は受けの前胸部右半部に密着し肘は前頸下部中央に位置する。側頸に魂氣が結ぶと同時に右足を軸とする(秋猴の身)。 魂氣の結びが無いまま足の置き換え踏み替えはできない。取りの左手と軸になった右足が結んでいる。
④前方の右足を軸とすれば後方の左足を母趾方向へ半歩入り身してその母趾先方向へ左手の母指先から耳の後で陽の陽の魂氣を発する(漆膠の身)母指先の反りの方向へ巡り取りの左体側に結ぶと脇は閉じ左上肢全体が体側に密着して残心 受けは取りの後背側に落ちる
④前方の右足を軸とすれば後方の左足を母趾方向へ半歩入り身してその母趾先方向へ左手の母指先から耳の後で陽の陽の魂氣を発する(漆膠の身)母指先の反りの方向へ巡り取りの左体側に結ぶと脇は閉じ左上肢全体が体側に密着して残心 受けは取りの後背側に落ちる

交差取り降氣の形で転換して陽の陽で氣結び

①陽の陰で右手を与え受けは交差取りに
①陽の陰で右手を与え受けは交差取りに
②外転換して右半身のまま降氣の形で陰の陽 母指先は側頸に向く
②外転換して右半身のまま降氣の形で陰の陽 母指先は側頸に向く
③母指先から反屈して陽の陽で相半身内入り身・送り足 母指先の反りの方向へ巡ると右足を軸として母趾先を外方へ捻る 後方の左足が一歩入って逆半身内入り身なら一教運動表
③母指先から反屈して陽の陽で相半身内入り身・送り足 母指先の反りの方向へ巡ると右足を軸として母趾先を外方へ捻る 後方の左足が一歩入って逆半身内入り身なら一教運動表

交差取り陽の陽で転換

①自然体で対峙
①自然体で対峙
②陰の陽で魂氣を右半身で与える
②陰の陽で魂氣を右半身で与える
③受けが同名側の手で取ろうとすると右足を軸として後方の足を受けに対して半歩外に進めて軸を置き換え魂氣は母指から陽の陽へと伸展する 受けの左手足から距離を取る
③受けが同名側の手で取ろうとすると右足を軸として後方の足を受けに対して半歩外に進めて軸を置き換え魂氣は母指から陽の陽へと伸展する 受けの左手足から距離を取る
④前方の足先を剣線に直角として魄氣を陰とする 右半身のまま魂氣を陽の陽で目線の高さに伸展する 単独基本動作入り身転換に相当する ここより魂氣は陰の陽に巡って陰の陰で降氣・外巡りへと単独呼吸法のままに巡ると左半身で入り身へ
④前方の足先を剣線に直角として魄氣を陰とする 右半身のまま魂氣を陽の陽で目線の高さに伸展する 単独基本動作入り身転換に相当する ここより魂氣は陰の陽に巡って陰の陰で降氣・外巡りへと単独呼吸法のままに巡ると左半身で入り身へ

交差取り入り身転換

①自然体で対峙
①自然体で対峙
②右半身陰の陽で与える
②右半身陰の陽で与える
③取らせる時陰の陽のまま丹田に巡りつつ内巡りで母指先の反り方向へ陽の陽で差し出そうとしておき右足を軸とし逆半身で対側の魂氣を陽の陰で入り身 右手を陽・左手が陰の両手で氣の巡り
③取らせる時陰の陽のまま丹田に巡りつつ内巡りで母指先の反り方向へ陽の陽で差し出そうとしておき右足を軸とし逆半身で対側の魂氣を陽の陰で入り身 右手を陽・左手が陰の両手で氣の巡り
④前方の左足先を受けの真中に向けて入り身転換の軸足とし同側の手は受けの項から側頸に当たり陰の陽に巡る 右足先を剣線に沿わせ右手と同方向に置く
④前方の左足先を受けの真中に向けて入り身転換の軸足とし同側の手は受けの項から側頸に当たり陰の陽に巡る 右足先を剣線に沿わせ右手と同方向に置く
⑤単独基本動作入り身転換で右半身の陰の魄氣 目付は陽の陽の手掌方向で対側の魂氣は受けの同名側の側頸に結び自身の側頸にも結び丹田と左軸足に連なるイメージ 漆膠の身
⑤単独基本動作入り身転換で右半身の陰の魄氣 目付は陽の陽の手掌方向で対側の魂氣は受けの同名側の側頸に結び自身の側頸にも結び丹田と左軸足に連なるイメージ 漆膠の身

魂氣三要素 片手取り入り身転換の内巡り

①陰の陽で与える 母指先は内に向く
①陰の陽で与える 母指先は内に向く
②片手取りには丹田に巡り
②片手取りには丹田に巡り
③陰の巡りと入り身 母指先の方向は内巡り 他指は丹田に巡る
③陰の巡りと入り身 母指先の方向は内巡り 他指は丹田に巡る
④単独動作の入り身転換と丹田への結びは相対動作の氣結びとなる 他指は昇氣の方向 母指先は内巡りの方向
④単独動作の入り身転換と丹田への結びは相対動作の氣結びとなる 他指は昇氣の方向 母指先は内巡りの方向

魂氣の陰陽の基本 陰の陽

鳥船の魂氣(ホーと吸気で陰の陽)母指先は地に他指は丹田に
鳥船の魂氣(ホーと吸気で陰の陽)母指先は地に他指は丹田に
①陰の陽で与える 母指先は内方に向け他指は丹田に 
①陰の陽で与える 母指先は内方に向け他指は丹田に 
②片手取りに対して魂氣を丹田に巡り腕を預けるが手のうちは与えていない
②片手取りに対して魂氣を丹田に巡り腕を預けるが手のうちは与えていない
③巡りと外入り身
③巡りと外入り身
④単独動作の入り身転換と魂氣の結びは相対動作の魄氣の結び
④単独動作の入り身転換と魂氣の結びは相対動作の魄氣の結び

魂氣三要素 片手取り外巡り 入り身運動

①右の魂氣を陰の陽で与え 受けは逆半身で片手取り
①右の魂氣を陰の陽で与え 受けは逆半身で片手取り
②陰の陰で外巡り(二教の手)丹田と右脇の間を右足腰が受けの左脇と左足の間に入り身
②陰の陰で外巡り(二教の手)丹田と右脇の間を右足腰が受けの左脇と左足の間に入り身
③送り足と共に丹田に結ぶ 秋猴の身と漆膠の身
③送り足と共に丹田に結ぶ 秋猴の身と漆膠の身

片手取り外巡り 隅落とし

①右半身陰の陽で与える
①右半身陰の陽で与える
②丹田に巡るところを逆半身片手取り 陰の陰で外巡りへ 同時に外入り身へ
②丹田に巡るところを逆半身片手取り 陰の陰で外巡りへ 同時に外入り身へ
③進めた右足を軸としたまま左足を送って更に左足先を受けの腰背側真中へ進め相半身外入り身運動 左手は陽の陰で左足先に合わせて受けの背部真中へ(画面上左手足先はかろうじて視認できる)
③進めた右足を軸としたまま左足を送って更に左足先を受けの腰背側真中へ進め相半身外入り身運動 左手は陽の陰で左足先に合わせて受けの背部真中へ(画面上左手足先はかろうじて視認できる)
④右足を送り左半身陰の陰の入り身運動残心で魂氣を陰の陰で丹田に結ぶ 右手は腰の後ろへ陰の陽で結ぶ
④右足を送り左半身陰の陰の入り身運動残心で魂氣を陰の陰で丹田に結ぶ 右手は腰の後ろへ陰の陽で結ぶ

両手取り外巡り天地投げ

①右半身にて陰の陽で与える
①右半身にて陰の陽で与える
②外巡り 対側の魂氣を陰の陽で与えて相半身両手取りへ
②外巡り 対側の魂氣を陰の陽で与えて相半身両手取りへ
③外巡り逆半身外入り身 左の魂氣は受けに取らせたまま相対的に陽の陽で昇氣
③外巡り逆半身外入り身 左の魂氣は受けに取らせたまま相対的に陽の陽で昇氣
④送り足の左足先を受けの後ろから真中に詰めて相半身外入り身 右手は腰の後ろへ左手は受けの肩を越えて陽の陰に巡って丹田に向く それと共に受けの右手は昇氣で自身の側頸に結ぶ 取りの右手足の方向に後ろ受け身
④送り足の左足先を受けの後ろから真中に詰めて相半身外入り身 右手は腰の後ろへ左手は受けの肩を越えて陽の陰に巡って丹田に向く それと共に受けの右手は昇氣で自身の側頸に結ぶ 取りの右手足の方向に後ろ受け身

魂氣三要素 交差取り 外転換

①陰の陽で与える
①陰の陽で与える
②交差取りに陽の陽で魂氣の結び 
②交差取りに陽の陽で魂氣の結び 
③外転換して陰の陽で巡り 以下降氣で丹田に結びさらに外巡りで魄氣の結びは相対的入り身
③外転換して陰の陽で巡り 以下降氣で丹田に結びさらに外巡りで魄氣の結びは相対的入り身

交差取り外転換降氣で外巡り・外入り身

①右半身陰の陽で下段に与える 受けは交差取り
①右半身陰の陽で下段に与える 受けは交差取り
母指先方向へ陽の陽で手掌を開く
母指先方向へ陽の陽で手掌を開く
②陽の陽に発し右母趾先を合わせて軸とし
②陽の陽に発し右母趾先を合わせて軸とし
③外転換で陰の陽へ
③外転換で陰の陽へ
③呼吸法陰の陽で④の如く小指から側頸に順次巡り陰の陰で母指先から降氣へ
③呼吸法陰の陽で④の如く小指から側頸に順次巡り陰の陰で母指先から降氣へ
④陰の陰に巡って降氣へ
④陰の陰に巡って降氣へ
⑤降氣で丹田に降りてさらに外巡り逆半身外入り身へ
⑤降氣で丹田に降りてさらに外巡り逆半身外入り身へ
①左半身陰の陽で下段へ与える
①左半身陰の陽で下段へ与える
②魂氣は陽の陽で 左手足先を合わせ左足を軸として外転換へ
②魂氣は陽の陽で 左手足先を合わせ左足を軸として外転換へ
③陰の陽から陰の陰に巡り降氣で丹田に向かい
③陰の陽から陰の陰に巡り降氣で丹田に向かい
④陰の陰で外巡りして手背を受けの前腕に接して陽の陰へ 腰の魂氣は陽の陰で返し突き近似で受けの同名側頸へ
④陰の陰で外巡りして手背を受けの前腕に接して陽の陰へ 腰の魂氣は陽の陰で返し突き近似で受けの同名側頸へ
⑤相対的に逆半身入り身転換の間合い 右手を陽の陰で受けの側頸へ
⑤相対的に逆半身入り身転換の間合い 右手を陽の陰で受けの側頸へ
⑥右手を陰の陽で受けの側頸に結び・足の踏み替えで右半身へ入り身転換とともに取り自身の左側頸にも結び・取りは左魂氣を陽の陰で自身の右手背に密着して左足先を受けの背面中央に置き換える 左半身で丹田に巡ると入り身投げ 受けは取りの丹田から後方に落ちる
⑥右手を陰の陽で受けの側頸に結び・足の踏み替えで右半身へ入り身転換とともに取り自身の左側頸にも結び・取りは左魂氣を陽の陰で自身の右手背に密着して左足先を受けの背面中央に置き換える 左半身で丹田に巡ると入り身投げ 受けは取りの丹田から後方に落ちる

交差取り 外入り身転換

①陰の陽で与える 鳥船と異なり母指先は右半身の内側
①陰の陽で与える 鳥船と異なり母指先は右半身の内側
②交差取りに母指先方向へ陽の陽で氣結び 
②交差取りに母指先方向へ陽の陽で氣結び 
③外入り身転換で魄氣の結び 母指先は右半身の外側に向き一回転した
③外入り身転換で魄氣の結び 母指先は右半身の外側に向き一回転した

交差取り 下段受け流し

①右半身陰の陽で与える
①右半身陰の陽で与える
②受けは相半身交差で取ろうとする
②受けは相半身交差で取ろうとする
③母指方向へ内巡りで剣線を受けの外に外す
③母指方向へ内巡りで剣線を受けの外に外す
④母趾先も外して降氣の形で下段受け流し
④母趾先も外して降氣の形で下段受け流し
⑤剣線を外した母趾先と回外した陰の陰の母指先を合わせ
⑤剣線を外した母趾先と回外した陰の陰の母指先を合わせ
⑥相半身外入り身 右魂氣は陰の陰で受けの左側頸へ
⑥相半身外入り身 右魂氣は陰の陰で受けの左側頸へ
⑦上肢伸側と手背が側頸に結び母指先方向に陽の陰で巡る
⑦上肢伸側と手背が側頸に結び母指先方向に陽の陰で巡る
⑧送り足と共に魂氣を母指の反りに合わせて巡らし受けの背側を降氣で受けの腰に巡り取りの丹田に陰の陰で結ぶ
⑧送り足と共に魂氣を母指の反りに合わせて巡らし受けの背側を降氣で受けの腰に巡り取りの丹田に陰の陰で結ぶ
⑧母指先の反りに合わせて陽の陰へ 前腕撓側から伸側が側頸に結ぶ
⑧母指先の反りに合わせて陽の陰へ 前腕撓側から伸側が側頸に結ぶ

魂氣の陰陽の基本 陽の陰

鳥船の魂氣(サーと吸気で陽の陰)
鳥船の魂氣(サーと吸気で陽の陰)

陽の陰で与える 交差取り 

①陽の陰で右手を与える 母指先は地に他指は受けの真中へ
①陽の陰で右手を与える 母指先は地に他指は受けの真中へ
②交差取りに陰の陽で巡り降氣の形 母指先は側頸へ
②交差取りに陰の陽で巡り降氣の形 母指先は側頸へ
③陽の陽で氣結び
③陽の陽で氣結び

陽の陰で諸手に取らす

①左手を陽の陰で与える 受けは逆半身で諸手にて取る
①左手を陽の陰で与える 受けは逆半身で諸手にて取る
②降氣の形へ(画像は右手を諸手で取らせた場合) 陽の陰から陰の陽に巡る所 転換で間を詰めて脇はよく閉じ肘も閉じようとするが取りの母指は受けの右手によりここで固定されるから他指を回内して狭義の陽(手掌を見る)としてから肘を閉じ手首を屈曲すると母指先は側頸に向き体軸(自身の魄氣)に結ぶ 
②降氣の形へ(画像は右手を諸手で取らせた場合) 陽の陰から陰の陽に巡る所 転換で間を詰めて脇はよく閉じ肘も閉じようとするが取りの母指は受けの右手によりここで固定されるから他指を回内して狭義の陽(手掌を見る)としてから肘を閉じ手首を屈曲すると母指先は側頸に向き体軸(自身の魄氣)に結ぶ 
③降氣の形から更に回外して母指先を側頸から前方に向ける 受けの魂氣と魄氣に結ぶ 以後上肢が吸気呼気で伸展屈曲の間母指先の様々な向きにあわせて受けを動作させると呼吸力 秋猴の身と漆膠の身 ①同様左手の場合
③降氣の形から更に回外して母指先を側頸から前方に向ける 受けの魂氣と魄氣に結ぶ 以後上肢が吸気呼気で伸展屈曲の間母指先の様々な向きにあわせて受けを動作させると呼吸力 秋猴の身と漆膠の身 ①同様左手の場合

胸取り外入り身転換

①胸取りと同時に横面打ち入り身運動へ
①胸取りと同時に横面打ち入り身運動へ
②左足を軸として腰を詰めて陰の陽で丹田に結ぶ 右半身の陰の魄氣で入り身転換
②左足を軸として腰を詰めて陰の陽で丹田に結ぶ 右半身の陰の魄氣で入り身転換
②陰の陽で丹田への結び 入り身転換は互いの魄氣の結び 取りの母指先は陽の陽の方向・他指は昇氣の方向
②陰の陽で丹田への結び 入り身転換は互いの魄氣の結び 取りの母指先は陽の陽の方向・他指は昇氣の方向
①右半身横面打ち入り身運動へ 右半身の陰の魄氣で右足先を受けの外から真中に向け半歩進め陽の魄氣で右足を軸とする
①右半身横面打ち入り身運動へ 右半身の陰の魄氣で右足先を受けの外から真中に向け半歩進め陽の魄氣で右足を軸とする
②右手を陰の陽で丹田に巡らせ右腰を転換し左手足腰目付の一致で左半身の陰の魄氣へ 右魂氣は丹田へ陰の陽で結ぶ
②右手を陰の陽で丹田に巡らせ右腰を転換し左手足腰目付の一致で左半身の陰の魄氣へ 右魂氣は丹田へ陰の陽で結ぶ

正面打ちに横面打ち入り身転換

①自然体から正面打ちに対して同時に体側から横面打ち
①自然体から正面打ちに対して同時に体側から横面打ち
②魄氣の陽で外入り身に向かう取り自身の左魂氣の外に軸を外す
②魄氣の陽で外入り身に向かう取り自身の左魂氣の外に軸を外す
③左足を軸とする入り身転換に伴い右足先を後方に転換して左軸足に引き寄せる
③左足を軸とする入り身転換に伴い右足先を後方に転換して左軸足に引き寄せる
④左手は陽の陰から受けの側頸を陰の陽で結ぶ 右手は腰から陽の陽 左足を軸とした転換と共に目付を右足先に揃える
④左手は陽の陰から受けの側頸を陰の陽で結ぶ 右手は腰から陽の陽 左足を軸とした転換と共に目付を右足先に揃える
前方の右足を軸足側に寄せて右半身魄氣の陰 側頸へ陰の陽の魂氣の結びと魄氣の結びで入り身転換の成立 *ここから踏み替えて入り身転換の反復で左半身と共に右魂氣を陽の陽から陽の陰・陰の陰に巡って、受けの左側頸に結ぶ左手に被せて陰の陰で丹田に結ぶと入り身投げ 取りの両手が受けの側頸に結びそこから受けの中心軸に沿って取りの魂氣が降り、受けの腰を突き抜けて取りの丹田に結ぶから受けが取りの足下に落ちるイメージ
前方の右足を軸足側に寄せて右半身魄氣の陰 側頸へ陰の陽の魂氣の結びと魄氣の結びで入り身転換の成立 *ここから踏み替えて入り身転換の反復で左半身と共に右魂氣を陽の陽から陽の陰・陰の陰に巡って、受けの左側頸に結ぶ左手に被せて陰の陰で丹田に結ぶと入り身投げ 取りの両手が受けの側頸に結びそこから受けの中心軸に沿って取りの魂氣が降り、受けの腰を突き抜けて取りの丹田に結ぶから受けが取りの足下に落ちるイメージ

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です