1. 体軸に置いて手を休ませる

 軸足と同側の魂氣、つまり手を膝や丹田に結んで体軸を安定・直立させ、対側の足を置き換えてその場で軸足に交代させる。いわゆる難場歩きである。合氣道では差し出して伸展させた手は陽の魂氣の働きであり、同側の置き換える足は非軸足である。鳥船の陽の魄氣が体軸を移動させ、軸足へと交代する兆しとなる。このとき、いよいよ軸足へと交代して体軸がそこに繋がって移動し終えたなら、同側の手は陰に巡ってその膝や丹田に置かれなければならない。入り身運動である。つまり魂氣と魄氣の結び、単独動作での合氣が為されたわけである。片方の手足腰が静止という体軸に与ることは、対側の手足腰に自由な動作を生むわけで、このことが合氣の本体と言ってよいだろう。

 鳥船は正にその動作であり、開祖が合氣とは禊であるということを繰り返し述べておられる。入り身、入り身転換、体の変更、回転、いずれにも軸足交代を伴う体軸の確立が通底している。

 

 ところで非軸足を進めるとき、魂氣が下段に差し出されると動線上に手が置かれるから、足は半歩も進まない。そこで魂氣を内に巡って下丹田へ手を還すと、腋の下が開いて足腰は容易に進められる。鳥船のホー・イェイである。

 一方、上段に振りかぶる際は同時に腋の下が大きく開き、同側の非軸足は半歩進めることが容易となる。手が下丹田に巡るときは既に軸足交代が終わり継ぎ足で残心の段階となる。

 

 このように相対動作で下段と上段に魂氣を与えたなら、それぞれで魂氣の陰陽・巡りと非軸足の入り身は微妙にずれることが解るであろう。手足腰目付けの一致とは、単に同時に動かせばよいというものではない。与えて触れた点では魂の比礼振りで結ぶが、取らせた点は陽の魂氣としては既に自身のものではない。母指先から陰に巡って、同時に入り身した魄氣に結んで自身の体軸に預かり、その体軸上を各丹田に魂氣が上り下りする間に軸足を交代して、初めて非軸足とともに陽で発することができる。

 

 体軸に置いて手を休ませても、それは陰の働きを持つ。

 

 したがって軸足と共に体軸を作る魂氣は同時に陽で発することが出来ない。魂氣が魄氣に結ぶことこそ合氣であるからだ。合氣が解けるとき、非軸足側の手は垂れている。陽でも陰でもなく働きのない手は、巡りのない手刀と同じだ。

                                      2017/10/8

2. 目線は受けに合わせようがない

 相手を見てはならない。というよりも、見ることの出来ない動作にならざるを得ない。これが合氣である。その理由を述べる。

 まず、目付けは非軸足の先に合わせる。左右の目や耳や手が最大限に働くのは、転換や回転の結果、受けの存立を奪った取りの体軸の進む方向に、左右対称の位置を占めるときである。但しこのとき既に受けは螺旋で落ち、互いの目線は合うことがない。

 

 入り身では受けの真中を取りの陽の魂氣とともに見るが、受けとの剣線は後ろの継ぎ足で外すことにより目線も外れる。たとえ坐技であれ、魂氣が陽で結ぶ時や陰で巡る際、あるいは上体のみを入り身・転換するときは剣線に対して直角から180度の転換を目線で行う。これが体軸の転換・移動における原則、一眼二足三胆四力である。

 

 互いの体軸が結んでからは陽で魂氣を発し、交代した非軸足先とともに体軸の向かう先を見ることで技が生まれるのである。すなわち残心である(動画)。受けは落ちているから目線の合いようがない。固め技の際は受けが地に伏せていて取りの目付けが水平であるから、目線は受けに向くことはない。天地の間を広く見渡しているから受け以外のあらゆるものを目で捉えているわけである。

 

 意識して目線を逸らせることは、転換や入り身転換そして上体の入り身・転換などが緻密に行われないときの対症療法のひとつであり、根本的には基本動作からの矯正が必要であることは言うまでもない。

                                     2017/10/10

3. 軸足なき上体軸に魂氣の兆しは生まれず

 丹田における魂氣の陰陽の巡りは地から屹立する体軸上においてのみ可能である。地に繋ぐ軸足の存在は対側の非軸足を生む。その交代が緻密に行われて体軸から非軸足が解かれるとき、同側の魂氣には陰から陽への兆しが生まれる(動画①)。

 つまり、一旦魄氣と結んだ魂氣は、軸足交代によって体軸の形成から自由になり、同側の非軸足の進行とともに丹田を経て母指先から陽で発する。空の氣を解脱して真空の氣に結ぶという表現に相当する動作であろう。

 鳥船の陰の魄氣であれば両足が軸足と非軸足に分かれているが、陽の魄氣は両足共地に突っ張り、軸足でも非軸足でもない。体軸は地に繋がらないから両手は丹田に結ぶことなく、魂氣は中に浮いたまま両足から直に魄氣を受ける瞬間である。このまま魄氣が静止して手を働かそうとするとき、これを所謂力と呼ぶ。

 また、軸足を交代して入り身転換、非軸足を後ろに置き換え半身を戻して体を変更する過程で、転換に際して体軸に結んでいる軸足側の魂氣を早々と陽で発し、取らせた受けの手を前に差し出そうとすれば、難場歩きの原理は破綻する。

 合氣によって受けに結び、取りの残心で体軸が移動して丹田に巡るのが氣結びの力、つまり呼吸力であって、所謂力とは異なることを銘記すべきである(動画②)。

                                     2017/10/14

動画①

動画②

4. 入り身投げの受け

 受けが取りに正面打ちを動作する際、入り身投げの稽古においては取りの魂氣が受けの手刀への氣結びから正面当てが及ぶことは当然受けが予知している。そこで、受けは対側の手で取りの真中を打つ(突く)ことなく、取りの正面当てから頭頸部を守るために、手刀を眼前に翳す動作が受けの手順として指導されていることもあるようだ。

 

 入り身から投げの成立には、取りの魂氣が受けの側頸から体軸にひびき、降氣で受けの仙腰部から底を抜き、取りの下丹田に巡る残心を作ろうとする。受けは魄氣で体軸を支え、自身の下丹田で取りの魂氣を受け止めようとする。受けの体軸上に生まれる取りの魂氣と受けの魄氣の摩擦が、互いの体軸の確立である魂氣と魄氣の結び、つまり合氣による命の覚醒を生むのである。

 

 取りから発せられる魂氣を避けて自ら受け身だけを行う相対動作は、そもそも合氣の理合を解さない稽古であるが、おそらく承知したうえでの健康上の選択であろうか。

                                      2017/11/1

 

5. 返し突きと大仏の手の間

陽の陰からと陰の陰からでの魂氣の陰の陽への巡りの違いに伴う魄氣の動作の違い

 

 正面打ち一教裏は、上段受け流しで魂氣を陽の陰の返し突きとして外入り身転換を行い、その魂氣を陰の陽に巡って受けの上腕を包んで下丹田に結ぶのが基本であろう。

 ところが外入り身で静止した場合は魂氣を下丹田まで巡らすことが出来ない。継ぎ足の直後、受けに密着した体軸上を魂氣は陰で中丹田(側頸)に結ばざるを得ない。なぜなら、そこで手を伸ばそうと動作すれば筋力に頼るしかなく、難場歩きの理に反する。継ぎ足に至らず体軸移動を欠く陽の魄氣のままでは尚更であるが、稽古ではよく経験することだ。

 魂氣の巡りを魄氣の動作と同期して完結するまでを合氣とするなら、意図して上肢の動作のみを偏重するわけにはいかない。所謂力みのない合氣の動きとは、後手に始まる相対の結びから、緩急と、陰陽(体軸を通る最小の円運動と上肢を伸展する最大の円運動)で巡るうちに足腰が置き換えられ、軸足交代が可能となって初めて成立するのである。

 そこで、入り身に続く転換の足腰が魂氣の巡りに同期する機序を考察する。まず単独基本動作の入り身転換を知ることから始めるべきであろう。すなわち、魂氣の内巡りに合わせて一歩入って軸足へと着地した足先が、剣線に直角からその場で更に45度内旋して踏みしめると入り身・転換の軸足交代が完了する。したがって着地したとき魂氣は陽の陰から狭義の陽へと返して(狭義の巡り)おかなければ、後に続く45度の踏み込みで陰の陽への降氣の動作(腋を閉める)に移れない。つまり、踏み込んで軸足となってからでは魂氣を上丹田の高さから下丹田まで巡らせる(腋を閉めて上肢を降ろす)ことができない。腕の力のみで受けの上肢を降ろさせようとする動作になってしまう。むしろ、魂氣が巡るから45度の踏み込み(陰の魄氣で軸足を確立すること)ができるわけで、片手取り入り身転換の術理に一致する。

 

 入り身の位置で足を踏み込み軸足としてしまった場合は残心に相当し、このとき体軸は互いに密着して返し突きの手は陽の陰で受けの上腕伸側を包んだ直後に入り身とともに陰の陰で取りの側頸の高さに結んでいる。対側の手は陰の陽で受けの手首に接して下丹田の前に有り、両手は大仏の手に近似している。陰の陽から返して受けの手首の屈側を包んで下丹田に結び、同側の非軸足を後ろに置き換えて軸とし、後ろ回転に合わせて再び非軸足として踏み換えて、同時に受けの上腕を包む魂氣を取の下丹田へと巡り、受けの手首は取りが上から屈側を把持して下丹田から外へ出し、正座に合わせて地に結ぶ。

 

まとめ

 返し突きで入り身転換から後ろ回転のときと、入り身から後ろ回転のときを比較した。前者は魂氣が陽の陰から下丹田に陰の陽で巡る。

 後者は、受けの上肢の遠位が取りの下丹田に結んで後ろ回転と共に螺旋で降りるにつれて、受けの上腕を包む取りの魂氣が陰の陰から陰の陽で取りの体軸を降りることによって下丹田に結ぶ。大仏の両手のうち、側頸の高さからは下丹田へ陰の陽で降り、それと交代して対側の手は杖尻を取って後ろへ手繰るように下丹田を離れる。

                                      2017/11/5

6. 体軸が地に立たない瞬間は常態にあらず

 一側の手足腰が体軸を作り魄氣の陰を表し、対側の手足腰と目付けがその回りで置き換わって軸足交代することで入り身、転換・回転の動作を生み出す。

 その間に在って両足とも地を突っ張って軸足を持たず、体軸が地に立たない瞬間を魄氣の陽とする。これは軸足交代、つまり体軸の移動の後地上に確立する兆しであって、静止した姿ではない。鳥船のホー、またはサーの姿勢に相当する。体の変更から魂氣を差し出して上体まで半身tに開き受けを前方へ送る動作である。入り身・残心で投げ技に繋がる。

 これに反して、魄氣の陰は体軸を地に立てた静止の瞬間であるが、常に動作への兆しを保持している。鳥船のイェイであり、入り身転換や体の変更の瞬間である。

                                      2017/11/9

7. 技を生む合氣

 魂氣を受けの体軸上で各丹田に及ぼし、取りの丹田に巡ることでそれを浸透させ、受けの魄氣と魂氣の結びを解かせると同時に、取りの魂氣が受けの底を抜くことで技が生まれる。魂氣の動作で円を作り、その中心に取りが体軸を確立することに相当する。

 あるいは魂氣が真空の氣に結ぶと共に円空の中心に入り身すると取りの体軸が受けの軸足を地から抜いて技を生む(動画)。

 

 いずれも取りの魂氣(手)三要素:陰陽/巡り/結びと、魄氣(足腰)三要素:陰陽/入り身/転換・回転それぞれを合わせて動作すること、これが合氣である。

 体軸の移動を伴わない合氣は自然本体で立つ禊の姿であり、天地に結ぶこの動作こそ天の浮橋に立つことの本体であろう。

                                     2017/11/14

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です