1. 合氣道とは
  2. 合氣道の成り立ちの整理法
  3. 単独基本動作の理解方法
  4. 神氣館における用語の約束ごと
  5. 魂氣と魄氣
  6. 単独基本動作の一つ入り身運動の追究
  7. 合氣道のキーワード
  8. “守”と“破”のはざまに
  9. “離”とは離れることか
  10. 入り身・転換における様々な魂氣
  11. 合氣道の核心
  12. 開祖の演武から
  13. 魂氣の陰(広義)の中にも陰陽の巡り……母指と他指の役割
  14. 開祖の示唆されるもの:“天の浮橋に立つ”こと
  15. 開祖の示唆されるもの:合氣と武“山彦の道”
  16. 「武道論」(富木謙治著)にみる姿勢:正座、自然体、転換
  17. 相対動作における魂氣の理
  18. 入り身:漆膠の身とは
  19. 陰の魂氣に関連して置き換えと踏み替え
  20. 正面打ち入り身投げ裏二本
  21. 入り身と入り身投げ
  22. 四方切り/八方切り:入り身運動と転換
  23. 受け流しの魄氣
  24. 魄氣の後ろ回転と入り身転換・置き換え・踏み替え
  25. 片手取り相対基本動作
  26. 片手取り隅落とし裏のピットフォール
  27. 合氣のこだわり
  28. 坐技呼吸法と単独呼吸法
  29. 氣結びに連なる「残心」と「投げの完遂」
  30. 残心とは
  31. 指導
  32. 巡りと結び
  33. 稽古
  34. 技の姿
  35. 合同稽古に学ぶ
  36. 語句・観念・動作の三位一体
  37. 演武に見る合気道の成り立ち
  38. 技の局面としての基本動作の意義
  39. 変わり目と静止
  40. 入り身転換のピットフォール
  41. 美の本質
  42. 『五輪書』地之巻の「第四風の巻」の説明より
  43. 『五輪書』地之巻の「第五空の巻」の説明より/空之巻
  44. 拮抗力と呼吸力
  45. 『五輪書』地之巻より、合気道を学ぶ心得を考える
  46. 合氣道の稽古とは
  47. 軸足無き転換
  48. 四方投げの持ち方
  49. 与えても巡って結ぶ
  50. 合同稽古の意義
  51. 基本の稽古とは
  52. 手刀の指
  53. 合氣道の基本を再認識する
  54. 耳の前後
  55. 秘密と秘伝
  56. 呼吸法・側頸の結びと受けの響き
  57. 軸足先の方向と回転角から見た四方投げの合氣
  58. 魂氣と魄氣で捉える一教と入り身投げ
  59. マー君、メジャー初勝利のインタビュー
  60. 軸足を持たない姿勢
  61. 諸手取り後手の結び
  62. 目付けの働き
  63. 回転軸により何が回転するのか
  64. 側頸に結ぶ魂氣の二態

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です