入り身転換

①左半身から左魂氣が陰に巡る脇の隙間に左足腰で軸を
①左半身から左魂氣が陰に巡る脇の隙間に左足腰で軸を
②右魂氣を陽の陽で右半身陰の魄氣 陽の魄氣を経ずその場で踏み替えが最速
②右魂氣を陽の陽で右半身陰の魄氣 陽の魄氣を経ずその場で踏み替えが最速

横面打ち入り身転換

①自然体
①自然体
②右半身横面打ち入り身運動に準じて陰の陽で丹田に巡る際脇の間に右足腰が入る 魄氣の陽の足先は剣線に向かう内向きに踏み込み転換の軸足とする
②右半身横面打ち入り身運動に準じて陰の陽で丹田に巡る際脇の間に右足腰が入る 魄氣の陽の足先は剣線に向かう内向きに踏み込み転換の軸足とする
③送り足を行わず反転して置き換え引きつける 右魂氣は陰の陽で丹田に結ぶ 左手は陽の陽で左足先に合わす 左半身魄氣の陰
③送り足を行わず反転して置き換え引きつける 右魂氣は陰の陽で丹田に結ぶ 左手は陽の陽で左足先に合わす 左半身魄氣の陰

入り身運動 下段受け流し 一歩置き換えて入り身

①自然体
①自然体
②降氣の形で剣線を右に外し相半身下段受け流し
②降氣の形で剣線を右に外し相半身下段受け流し
③回外 ここから左足を半歩進めて魂氣と同側の足で入り身運動
③回外 ここから左足を半歩進めて魂氣と同側の足で入り身運動
④逆半身魄氣の陽で外入り身 後方の足を送り足と同時に同側の魂氣を陽の陰で入り身投げ表へ 相対動作では右手を右足と同時に陽の陰で側頸へ進めて陰の陽で結ぶ
④逆半身魄氣の陽で外入り身 後方の足を送り足と同時に同側の魂氣を陽の陰で入り身投げ表へ 相対動作では右手を右足と同時に陽の陰で側頸へ進めて陰の陽で結ぶ

片手取り転換額に結んで前方回転 四方投げ表

①右半身陰の陽で与える 魄氣は陰のまま
①右半身陰の陽で与える 魄氣は陰のまま
広義の陰(母指先は受けに向かわず 他の指は揃えて取りの中心に向かう 腕を出すが手首は屈曲のまま)狭義の陽(掌は上を向く)
広義の陰(母指先は受けに向かわず 他の指は揃えて取りの中心に向かう 腕を出すが手首は屈曲のまま)狭義の陽(掌は上を向く)
②外転換して右手を降氣の形から二教の手 左手は四方投げの持ち方
②外転換して右手を降氣の形から二教の手 左手は四方投げの持ち方
③右手は陰の陰で額に二教の手 左手は陰の陰で左手背を額に結び同側の左足を前方回転の軸足に
③右手は陰の陰で額に二教の手 左手は陰の陰で左手背を額に結び同側の左足を前方回転の軸足に
④右足を後方から前方を経て膝を折って軸足の外側に着地 右手は腰の後ろに置く 額の結びを緩めると回転は不能
④右足を後方から前方を経て膝を折って軸足の外側に着地 右手は腰の後ろに置く 額の結びを緩めると回転は不能
⑤270度回転して左正面打ち近似の陽の魂氣 受けの上肢を畳んで項に結んだ後陰の魄氣で自身の丹田に巡る 受けは取りの後方の右足側に落ちる
⑤270度回転して左正面打ち近似の陽の魂氣 受けの上肢を畳んで項に結んだ後陰の魄氣で自身の丹田に巡る 受けは取りの後方の右足側に落ちる

正面打ち陽の魄氣から送り足で丹田に結んで残心(四方投げ)

①四方投げの持ち方で額に結んでいた魂氣は回転の直後右正面打ち近似で受けの項へ 受けの上肢は自身の項に結ぶ
①四方投げの持ち方で額に結んでいた魂氣は回転の直後右正面打ち近似で受けの項へ 受けの上肢は自身の項に結ぶ
②左足を送って魂氣は陰の陽で丹田に結ぶ残心 受けは取りの内側後方左足方向に落ちる
②左足を送って魂氣は陰の陽で丹田に結ぶ残心 受けは取りの内側後方左足方向に落ちる

突き後手に外転換呼吸法表 外か内かは結果

①自然体
①自然体
②相対動作では受けの左半身突き/正面打ちなど 右横面打ちの振りかぶりで左反身外転換で剣線を外す 
②相対動作では受けの左半身突き/正面打ちなど 右横面打ちの振りかぶりで左反身外転換で剣線を外す 
③陰の陽で降りた右手は 丹田に結び左足で踏み換えて軸足とする 受けの手首に当たれば陰の陽のまま弾んで母指先方向へ巡る
③陰の陽で降りた右手は 丹田に結び左足で踏み換えて軸足とする 受けの手首に当たれば陰の陽のまま弾んで母指先方向へ巡る
④右半身(相対動作では逆半身)魄氣の陽で入り身 左足を送って残心 右手は陰の陽から上段に与え陽の陽の魂氣 相対動作では受けの目に当てない
④右半身(相対動作では逆半身)魄氣の陽で入り身 左足を送って残心 右手は陰の陽から上段に与え陽の陽の魂氣 相対動作では受けの目に当てない
①自然体
①自然体
②受けの右突き/正面打ちに後手 左横面打ちに振りかぶり右半身陰の魄氣に転換 右足先は剣線を跨いで軸足側に寄る 右魂氣は腰の後ろに結ぶ
②受けの右突き/正面打ちに後手 左横面打ちに振りかぶり右半身陰の魄氣に転換 右足先は剣線を跨いで軸足側に寄る 右魂氣は腰の後ろに結ぶ
③左魂氣は丹田に陰の陽で降りる 右足を踏んで軸とする
③左魂氣は丹田に陰の陽で降りる 右足を踏んで軸とする
④左半身陽の魄氣で入り身と同時に魂氣を丹田から陰の陽で与え手背が受けの面に触れると同時に陽の陽 相対動作では当てない。 後ろの足を送って残心へ。 片手取りと違い、一気の昇氣や側頸への結びにこだわらず陰で弛緩した手首関節が最短距離を弾む様に
④左半身陽の魄氣で入り身と同時に魂氣を丹田から陰の陽で与え手背が受けの面に触れると同時に陽の陽 相対動作では当てない。 後ろの足を送って残心へ。 片手取りと違い、一気の昇氣や側頸への結びにこだわらず陰で弛緩した手首関節が最短距離を弾む様に

後ろ両肩取り呼吸法の氣結び

①取りは画面右に向く自然体 受けは右手で取りの右肩を取ろうとする 右肩の接触に右半身入り身転換で魂氣を陽の陽 受けは左手で取りの左肩を取ろうとする (右肩を左手で取る逆半身では受けが右手で抑えに掛かる)
①取りは画面右に向く自然体 受けは右手で取りの右肩を取ろうとする 右肩の接触に右半身入り身転換で魂氣を陽の陽 受けは左手で取りの左肩を取ろうとする (右肩を左手で取る逆半身では受けが右手で抑えに掛かる)
②入り身転換反復の直後前方の左足を軸として膝に同側の手を置く
②入り身転換反復の直後前方の左足を軸として膝に同側の手を置く
③前方回転で額の陰の陰の魂氣は受けの面を打たずさらに小さく巡って取りの側頸に陰の陽で結ぶ 右足は膝を折り畳んで軸足先の直ぐ前に着いて軸足に
③前方回転で額の陰の陰の魂氣は受けの面を打たずさらに小さく巡って取りの側頸に陰の陽で結ぶ 右足は膝を折り畳んで軸足先の直ぐ前に着いて軸足に
④今軸足は右に替わり秋猴の身 左手を膝から腰に廻して左足先を内に向け踏み替えて右半身に転換と同時に右手を陽の陽の魂氣として右半身の残心へ(他の呼吸法陽の陽から残心を参照)
④今軸足は右に替わり秋猴の身 左手を膝から腰に廻して左足先を内に向け踏み替えて右半身に転換と同時に右手を陽の陽の魂氣として右半身の残心へ(他の呼吸法陽の陽から残心を参照)

後ろ回転

①自然体
①自然体
②左足を内股にして軸を作る 左手をその膝上に置く 目付は軸足先方向へ
②左足を内股にして軸を作る 左手をその膝上に置く 目付は軸足先方向へ
後方の右足を跳ね上げて軸足のそばに足先から着地 目付はさらに後方へ
後方の右足を跳ね上げて軸足のそばに足先から着地 目付はさらに後方へ
④右足を軸として左足を180度余り内側に回転して次の軸足に 膝上の左手を陰の陽で腰に右手は腰から陽の陽 目付を右手掌に
④右足を軸として左足を180度余り内側に回転して次の軸足に 膝上の左手を陰の陽で腰に右手は腰から陽の陽 目付を右手掌に
⑤右半身陰の魄氣へ(カメラ位置は相対的に前方)
⑤右半身陰の魄氣へ(カメラ位置は相対的に前方)

一教運動表

①右半身陰の魄氣で上段に与える
①右半身陰の魄氣で上段に与える
②右魂氣を陽の陽に右足を陽の魄氣から軸として左半身へ送り足 左魂氣は陽の陰で両手の巡り
②右魂氣を陽の陽に右足を陽の魄氣から軸として左半身へ送り足 左魂氣は陽の陰で両手の巡り
③左半身陽の魄氣即残心で左手は陰の陽で丹田に右手は陰の陰で右体側に結ぶ
③左半身陽の魄氣即残心で左手は陰の陽で丹田に右手は陰の陰で右体側に結ぶ

一教運動裏

①左半身上段受け流し
①左半身上段受け流し
②左を軸として左手を陰の陽 右半身で右手を陽の陰で両手の巡り
②左を軸として左手を陰の陽 右半身で右手を陽の陰で両手の巡り
③右半身入り身転換で左半身陰の魄氣 両手で丹田に結ぶ 鳥舟に一致
③右半身入り身転換で左半身陰の魄氣 両手で丹田に結ぶ 鳥舟に一致
④左足を後方に置き換え右半身 右手は丹田に陰の陽で結ぶ 踏み替えて左半身で右足から座ると固めの動作
④左足を後方に置き換え右半身 右手は丹田に陰の陽で結ぶ 踏み替えて左半身で右足から座ると固めの動作

単独呼吸法 両手で氣の巡り

①入り身運動で右手を陰の陰 左手は腰の後ろに陰の陽で結んでいる まず右手を陰の陽に巡る
①入り身運動で右手を陰の陰 左手は腰の後ろに陰の陽で結んでいる まず右手を陰の陽に巡る
②右手を陰の陽から陽の陽 左手を陽の陰で両母指先方向へ
②右手を陰の陽から陽の陽 左手を陽の陰で両母指先方向へ
③右手はすでに陰の陽から陰の陰に巡っている 左手は陰の陽に巡って丹田に結ぶ
③右手はすでに陰の陽から陰の陰に巡っている 左手は陰の陽に巡って丹田に結ぶ
④右手を陽の陰 左手は陽の陽へ巡って両母指先の方向へ
④右手を陽の陰 左手は陽の陽へ巡って両母指先の方向へ

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です