道場  神氣館天神町道場/幸町道場     

 当道場では小学生から古希を過ぎた方まで広く稽古を楽しんでいます。小学生には身長・体重・経験によらない基本動作の習熟に楽しみを、年配の方には、蓄積してきたものの本質を見直して武道の普遍性に迫る楽しさを感じ取っていただいています。

 合気道における基本動作は伝来の日本武術から開祖によって抽出された体術の極意です。開祖は古代の世界観からその心の持ち方と武術の統合を果たし、常識的な工夫の先には決して接点を持ち得ない根本の要素として、代々道主の下道友皆に伝えてくれました。

 不確実で不満足な日常に輪をかけて迷い尋ねる道であっては活用の妙にほど遠く、基本動作こそが良い姿勢・自由な呼吸・爽やかな達成感をもたらすことを常に感じ取っていただけます。また、技を受けるものには生きる活力が与えられこそすれ、不本意な痛手を受けはしない稽古なのです。

 合気道では、活かす稽古としての思いやりは別にあるものではなく、思いやるこころこそ基本動作・技を形作る本質そのものなのです。

      2012/1/3

 

合氣道稽古の心得(開祖)

  1. 合氣道は、一撃(ことごと)く死命を制するものなるを以て、稽古に際しては、指導者の教示を守り、(いたずら)に力を競ふべからず。
  2. 合氣道は、一を以て万に当たるの道なれば、常に前方のみならず、四方八方に対する心掛けを以て錬磨するを要す。
  3. 稽古は、常に愉快に実施するを要す。
  4. 指導者の教導は、(わず)かに其の一端を教ふるに過ぎず。之が活用の妙は、自己の不断の稽古に依り、初めて体得し得るものとす。に多くの(わざ)を望まず、一つ一つ自己のものとなすを要す。 
  5.  日々の稽古に際しては、先ず体の変更より始め、逐次(ちくじ)強度を高め、身体に無理を生ぜしめざるを要す。然る時は、如何なる老人といえども身体に故障を生ずる事なく愉快に稽古を続け、鍛錬の目的を達する事を得ベし。
  6. 合氣道は、心身を鍛錬し、至誠の人を作るを目的とし、は、(ことごと)く秘伝なるを以て、徒に他人に公開し、或は市井無頼(しせいぶらい)(と)の悪用を避くべし。

 

公益財団法人合気会公認道場 神氣館幸町道場

毎週水曜午後7時から8時30分

大阪府高槻市幸町4番3号

愛仁会総合健康センター

カルチャー教室(平成24年4月より常設道場が3階に開設されました)

TEL 072(692)9281

      見学自由、入会案内・申し込みは随時2階受付にて

単独呼吸法 ①吸気で陽の陽
単独呼吸法 ①吸気で陽の陽
単独呼吸法 ②呼気で降氣の形へ 魂氣は陰の陽
単独呼吸法 ②呼気で降氣の形へ 魂氣は陰の陽
単独呼吸法 ③側頸に結んで降氣へ 魂氣は陰の陰で母指先は耳の前にあって丹田を指す
単独呼吸法 ③側頸に結んで降氣へ 魂氣は陰の陰で母指先は耳の前にあって丹田を指す

 

 

単独呼吸法 ④母指先で降氣
単独呼吸法 ④母指先で降氣
単独呼吸法 ⑤降氣で丹田に結ぶ ここまで呼気
単独呼吸法 ⑤降氣で丹田に結ぶ ここまで呼気
魂氣を前後に分けて丹田は陰の陰 後ろは陰の陽で坐技入り身運動 
魂氣を前後に分けて丹田は陰の陰 後ろは陰の陽で坐技入り身運動 
横面打ち入り身運動残心
横面打ち入り身運動残心
突き入り身運動
突き入り身運動
鳥舟 陽の陰
鳥舟 陽の陰
鳥舟 魄氣の陰
鳥舟 魄氣の陰
平成25年4月昇級
平成25年4月昇級
平成25年9月18日幸町道場
平成25年9月18日幸町道場
平成25年9月25日幸町道場 いずれも皆さん良い顔していますね
平成25年9月25日幸町道場 いずれも皆さん良い顔していますね

公益財団法人合気会公認道場 神氣館天神町道場

毎週日曜午前10時から11時30分を予定していますが、時に若干の変更もあります。

連絡は神氣館のHP「問い合わせ」または「掲示板」をご利用ください

稽古を見学の方は「おしらせ」にて実際の稽古予定を確認ください。

当日は午前9:30までに到着してください。駐車・駐輪場は未だ在りません。

 

大阪府高槻市古曽部町1-3-33

  愛仁会看護助産専門学校

9:30に集合
9:30に集合
6F 
6F 

旧天神町道場

 公益財団法人合気会の規定に則り昇級昇段審査を年2回実施します。

単独呼吸法 坐技入り身運動(多田副指導員による) 
単独呼吸法 坐技入り身運動(多田副指導員による) 
平成25年稽古初め
平成25年稽古初め
単独基本動作入り身運動 魂氣は陰の陰 送り足で軸が一つになった瞬間
単独基本動作入り身運動 魂氣は陰の陰 送り足で軸が一つになった瞬間
単独基本動作入り身転換 ①左半身(北村副指導員による)
単独基本動作入り身転換 ①左半身(北村副指導員による)
単独基本動作入り身転換反復 ②右半身 入り身による置き換えを除いてその場で踏み替えて魄氣は陰
単独基本動作入り身転換反復 ②右半身 入り身による置き換えを除いてその場で踏み替えて魄氣は陰

新天神町道場

平成25年4月(新)天神町道場
平成25年4月(新)天神町道場
平成25年5月天神町道場
平成25年5月天神町道場
平成25年6月2日 禊 ①魄氣の陽
平成25年6月2日 禊 ①魄氣の陽
平成25年6月2日 禊 ②魄氣の陰
平成25年6月2日 禊 ②魄氣の陰

与えて取らせて陽の陽

①陰の陽で与えると片手取りに 
①陰の陽で与えると片手取りに 
②あたれば母指先の反りの方向へ伸展し広義の陽へ
②あたれば母指先の反りの方向へ伸展し広義の陽へ
③転換して母指先が天に向かう さらに側頸の付け根に母指先が向かうと降氣の形 
③転換して母指先が天に向かう さらに側頸の付け根に母指先が向かうと降氣の形 

与えて取らせて陰の陽

①左半身で与えて丹田に巡ると受けにあたって母指先は地に向く
①左半身で与えて丹田に巡ると受けにあたって母指先は地に向く
②広義の陰に合わせて左足先を受けの真中に向けて魄氣を陽で入り身
②広義の陰に合わせて左足先を受けの真中に向けて魄氣を陽で入り身
③左足先を軸として転換すると丹田が魂氣に近付く
③左足先を軸として転換すると丹田が魂氣に近付く

右半身で

①右半身陰の陽で与えて受けにあたる
①右半身陰の陽で与えて受けにあたる
②広義の陰で母指先は地に他指は揃って丹田に巡る
②広義の陰で母指先は地に他指は揃って丹田に巡る
③広義の陰に合わせて右足先を受けの真中に向けて魄氣を陽で入り身
③広義の陰に合わせて右足先を受けの真中に向けて魄氣を陽で入り身
④右足先を軸として転換すると丹田が魂氣に近付き結ぶ 左半身陰の魄氣で入り身転換
④右足先を軸として転換すると丹田が魂氣に近付き結ぶ 左半身陰の魄氣で入り身転換

 

 

 

元気をつくる

2007年(平成19年)2月6日(火)讀賣新聞大阪本社記事より一部加筆

 

I 部 人生90

 

 日本人の平均寿命は、男性79歳、女性85歳で上昇傾向は続く。今年から(平成19年)団塊の世代の大量退職が始まるが、90年時代へと向かう人生をよりよく生きるには、知恵もいる。「元気をつくる」最前線を紹介する。 

 

若々しい姿勢

 俳優の長塚京三さん(61)は、身長181センチ、体重76キロ。日本人の同年代の中では大柄だ。健康体だが、ジムに通ったり、食事制限したりはしない。「そういうことをすると、僕が僕でなくなるような気がして…」 ただ、昔から一つだけ意識していることがある。「姿勢」だ。舞台の上で、深く息を吸って観客が聞きやすいようセリフをしゃべり、ゆったりした歩幅で流れるように歩く。姿勢が悪ければできない。「若い人が向かって来た時に、胸を張って受ける。逃げないオヤジだぞ、という姿勢です」

 アンチエイジング(抗加齢)医学の世界に、「三筋後退」という言葉がある。加齢とともに腹、上腕、太ももの3か所の筋肉が衰える現象を、「参勤交代」をもじって表現した。猫背になり、下腹とあごが前に出る老人の姿だ。

 これに対し、NPO法人「アンチエイジングネットワーク」理事の朝倉匠子さんは、「胸を張った姿勢」こそが、若々しさを演出するカギだと言う。背筋を伸ばして胸を張る。あごは床と平行。下腹を引いてお尻をすぼめ、肩はいからせない。「姿勢がいいと、大きなおなかや肌のシミは視野に入らなくなるものです」

 

体幹筋肉

 3050歳代の女性20人が、正しい姿勢を意識して過ごした研究がある。2ヶ月後には、腹と尻のサイズは減少。目をつぶって片足で立てる時間が大幅に延び、肩こりは解消し、体調も改善していた。

 研究メンバーで米国・マサチューセッツ総合病院の酒井リズ智子医師によると、姿勢を正すと、背骨と太ももの骨をつなぐ大腰筋や、背骨を支える脊柱起立筋など、体の中心部の体幹筋肉が鍛えられ、エネルギー代謝と血流も改善、健康度が増す。

 体幹筋肉はここ数年、欧米でも最も重要視されるようになった筋肉。スポーツ選手の競技力向上や高齢者の転倒予防には、強化が欠かせない。

 

呼吸

 こうした筋肉に、呼吸が関係していることもすこしずつ解ってきた。中高年に人気があるウオーキング、ヨガ、座禅、フラダンス。東邦大医学部の有田秀穂教授(統合生理学)の研究では、一定のリズムで腹式呼吸を続けると、気分を安定させる脳内物質のセロトニンの分泌が増えることが明らかになった。

 セロトニンは、脊柱起立筋など、重力に逆らって体を支える「抗重力筋」にも作用する。リズミカルな深い呼吸を続けると、姿勢がシャンとし、まぶたや頬などの筋肉も引き締まり、顔つきが若返るという。

 

アンチエイジングの両輪

 「姿勢と呼吸」は今、若さ維持の重要なキーワードになっている。

 


 

平成23年度(財)合気会登録道場神氣館 稽古指針

魂氣三要素・魄氣三要素に徹する


観念を排し単純明快・普遍的動作に専念する


必ず残心を持って締めくくりの動作とする

 

その時々に達成感を自覚する


有効と紙一重の差でも苦痛は有害に尽きると知りおく

 

 以上             館長  辻本 大治

 

平成24年度 公益財団法人合気会公認道場神氣館の合氣道標語

 

 

 穏やかな呼吸 魂氣

   しなやかな動作 魄氣

     伸びやかな姿勢 目付け 

       爽やかな達成感 残心

 

 

             館長  辻本 大治

神氣館の稽古心得

 開祖のお言葉のうち具体的で理解可能なものはむしろ少ないと思われる。たとえば道歌の中には一般的に解釈の難しい語句を度々配しておられる。

しかし、合氣の「道」をお教えになっているものを除くと悉く合氣の「動作」を表すものであり、一見観念的なようでも大半が禊と単独呼吸法や単独基本動作を象徴的にお示しくださっていると考えられる。

 ところで、古事記の導入部分は、われわれの先祖が空や海や陸を認識し、住まいを造り身の回りを整備し、食べ物の取得する工夫をしてきたことそれぞれを神々の営みのように語っている。先祖の行動と子孫の思いと言葉は我が国の姿そのものである。その中にあって日本固有の武道である開祖のお造りになった合氣道も、文化を育む表現という根底においての共通性を持っていることは容易に推察できる。

 今、動作は観念と共にあり、観念が動作を呼び醒す。動作を認識し伝えるために言葉が作られ、言葉は観念を産む。

 つまり、言葉、観念、動作の織りなすなかにこそ合氣道が産みだされる。このうち一つでも欠落するとその実体は変容する。殊に合氣道において動作の曖昧なうちに言葉と観念が一人歩きするようなことがあってはならない。一方、観念と言葉の受けとめが未熟であれば、即座に動作が合氣道を示すものではなくなる。

 我々は合氣道を学び修練することをもって健全な生活に資するよう共通の価値観を持とうとしている。合氣道を共に真摯に稽古し、講習を通じて多くの仲間との交流を実現し、より普遍的な開祖への理解を深めることこそ一人一人の願いであろう。

 このことを深く心に留めて、指導し、指導を受けることこそ第一にわきまえるべき事柄である。

2012/3/26

 

合気道の稽古心得

生き死にの動作ゆえに理あり 魂氣魄則ち理なり

これら要素の自覚にて 互いの結ぶことを知る

而して後、技は産まれる

然るに、はじめ技を行えば 結びおぼろなり

思いめぐらすも則ち 真中漠として合氣に至らず

2012/5/24

 

稽古の記録について

 本年度新たに当道場で稽古を開始された皆様にご注意申し上げます。

毎回記録している稽古内容のことです。所々に要点やその時強調した内容の解説などを付け加えていますが、もっぱら稽古した動作についてを振り返って思い起こせるような記述になっております。所謂マニュアルではありませんのでその点を踏まえてご利用ください。

 稽古で動作を覚え、言葉で表現し、イメージで動作を感じる。この連鎖が呼吸の様に自然に巡ることこそ、合気道が楽しいと感じる瞬間だと思います。道友と共に協力し合って動作を積み重ねることだけではなく、道場から離れて朝刊の一ページに目を通すような気分で見ていただければ幸いです。慣れてきますと、合氣の要が浮かび上がるようなイメージの作用により、動作が勢いづくことでしょう。習熟する上で必ず遭遇する曖昧な部分にこそ真髄が包み隠されているはずです。体を遣うだけであればこれを紐解くことは必ずしも容易ではありません。動作と言葉とイメージの連鎖は確かなものを産み出す実体であると考えています。

 確かなものとはあくまで合氣です。受けを動かし倒すだけのものではありません。

2012/6/24

伝統とは

 思想、様式、技術など合気道の規範として開祖から受け継がれてきた事柄、特にそれらの中心になる精神的在り方に心することこそ、伝統を受け継ぎ修養の道を辿るものにとっては肝要である。

 技術はいうまでもなく、精神的在り方や道統を抜きにして合気道を論じることはできない。

 道統とはただ一本の木の幹である。それに連なり枝を成し、それぞれに数多の葉繁るごとくあらゆる人々に合気道の真髄が浸透して、常に新緑の若葉が産まれる。そのような大樹が正に開祖以来の道統である。

 道統あってこその伸びやかな枝葉である。日を受け、滋養を根幹から吸収し得た常緑の葉は確信に満ちて瑞々しい。 

2012/7/2

 

稽古の核心

  • 正座
  • 正立:自然本体、右/左自然体(半身・残心)
  • 魄氣の三要素(単独基本動作):陰陽・入り身(置き換えと送り足、残心)・転換/回転(置き換えと踏み替え)
  • 魂氣の三要素(単独呼吸法):陰陽・巡り・結び
  • 目付け
  • 相対基本動作

2012/12/24

見取りの要点

1. 魂氣三要素がそれぞれ両手で具現されているか

2. 足腰の動作が魄氣三要素から隔たっていないか

3. それらが円滑に連なっているか

4. それらが互いに結んでいるか

5. 体軸と目付けに動静の間でぶれが無いか

6. 呼吸と陰陽の魂氣にゆきちがいが無いか

7. 基本動作に武術としての普遍性が見られるか

8. 残心が和で結ばれているか

2012/10/5

平成25年度 公益財団法人合気会公認道場神氣館 稽古指針

 呼吸とともに言葉・観念・動作の一体と成るところに合氣は在る

                       陰陽・巡り・結び………単独呼吸法

 一本の軸足から他側の置き換え踏み替えが動静一如

  二本の軸足に中心の些かの進退も無し 

                   陰陽・入り身・転換回転……単独基本動作

 

 自らが為せば他者は自らの内に在り  

                   魂氣と魄氣に結ぶ……………相対基本動作

 

 武器の打突も投げも固めも残心にあり 

              初動のみならず技の成り立ちも攻防一体…………残心

2013/2/8

合氣道の説明

  1. 植芝盛平翁を開祖とする武道である
  2. 一定の規則の下で勝敗を決する競技武道ではない
  3. 他の武道と異なるのはその核心が氣をイメージすることにある
  4. 相手を倒す武術から生まれながら、ともに生きることを目指す武道である
  5. 倒すことで合氣が成り立つのではなく、合氣により技が産まれる
  6. 倒すこと、押さえることを修練するのではなく、取りが合氣の動作を行えば技が産まれることを体得する
  7. 徒手の技において足腰の動作は合氣の剣と杖に些かの違いも無い、武器を振るう意味はそこにこそある
  8. 受けの動作に武術性が在ってこその理合において技が成り立つ
  9. 形を真似るなら瞬時に稽古は尽きるが 合氣にて結ぶなら生涯に亘る
  10. 開祖の下で互いに氣結びを稽古することで自ずと感謝の心が産まれる

2013/1/7

幸町道場の案内会

 合気道は何をする武道か?           

 開祖植芝盛平翁により創始され、現在世界95カ国に広がっている。

 合気道は力を競って技をかけるものではなく、単に技を造ることが目的でもない。合気道の本質は呼吸の緩急に伴う動作と姿勢につきる。

 呼吸とともに天より上肢に魂氣を、地より足腰に魄氣を受けて丹田(下腹)に氣結びし、さらに相手とも結んだ後、残心によって技が産まれる。魂氣も魄氣も曖昧であれば氣結びも残心も無く、技を造ることしか出来ない。

 剣術に由来する足腰の動作も特徴の一つであり、目線の位置や姿勢の安定性はそれに依る。

 日本古来の相撲や柔術の伝統をそのまま残し、一方で試合の弊害である勝負の執着やそれによる心身の傷害も無く、真に健康を増進させる現代武道である。つまり、旧来の武道に比べて際立った違いは、互いをより良く活かす修練をするという点である。

 

 当日(2013/3/10 午後1時30分〜2時)はこれら用語とその意味、そして対応する一つ一つの動作を実際に示し、単純な動きこそが武術の基本を成すことと受けの動作の武術性が技の重要な理合となることを含め、日頃の稽古風景を時間の許す限り紹介する。

 2013/2/1

 

稽古と記録の原点

大雅久しく作らず         たいがひさしくおこらず

吾れ衰えなば 竟に誰か陳べん   われおとろえなば ついにだれかのべん

           李白「古風」

 

2013/2/8  

道場での怪我

 受けの底に結ぶところで動作を停止すると、取りは陽の魄氣で魂氣が取りの丹田に結ぶ寸前である。受けは正に地に結ぶところである。受けの武道性はここで終わっている。後は取りの残心と、受けにとっては受け身をとるか固めに対して合図を示す段階である。

 たとえば両手の氣の巡りで小手返しをする、二教で手首を絞る、三教で前腕の軸を捻る、入り身投げで魂氣を受けの側頸から腰の後ろに与える、四方投げで取りは正面打ちの魄氣で上肢を伸展して受けの項に受けの魂氣を返している。このように投げではいずれも送り足で残心とともに取りの丹田に魂氣を結ぶ寸前であるか、固めでは正座して受けの手を介して魂氣を結び固める寸前であり、受け身をさせるか固めの魂氣を取りから受け入れさせて健康上の刺激を与える段階でしかない。

 今、この直後に負傷したり怪我をさせるということと、それ以前での負傷とを分けて考える。そうすると、前者は明らかに取りが配慮をしない事に起因することがわかる。受け身や固めの受けを合氣道特有の健康上の価値として認めず、稽古に対する一瞬の誤解により敵を制する優越感へと傾斜しているのであろう。ここは先達への感謝と受けがより良い健康を確保できるよう思いやる事が不可欠である。特に子供や血気盛んな若い未熟生に注意を喚起すべきである。

 それまでの過程に於ける負傷については、一にも二にも正しい基本動作の理解、すなわち取り受け両者の過不足なき動作の習熟によるしか回避の良策は無い。指導としては練習生の習熟度を認識した上での稽古方法の工夫が肝要とされる。当道場での合氣道の解釈や基本動作の設定はすべてこの一点を考慮した上での工夫であり、その意味では、絶対普遍のものではない。この点もまた理解を誤ると、身体の負傷以上に深刻なこころの思い違いを産み出しかねない。注意すべき事である。

 2013/2/15

 

開祖の稽古心得を考察する

『合氣道稽古の心得(開祖)』に「徒に他人に公開する」「を避くべし」とある。

 今「徒に他人に公開する」ということの意味を考える。

 一つには伝統の合氣道を互いに共有しようとする信頼感を欠如した関係に於いて、用語の意味とイメージと動作の三位一体を示す事である。

 しかし、不特定多数の対象にあってもそれが部分的に目に触れることまでは含まれないと考える。つまり、用語の解説やイメージの持ち方を記述しても、動作が無ければ三位一体ではなく、動作の一端が姿としてホームページにより視覚上に現されても、体感とイメージの同時共有がなければ三位一体ではない。伝統とは、厳密に伝える事によらなければ成り立たない。

 次に、伝統として合氣道を互いに共有しようとする場合に、三位一体を示しきれない場合も当てはまるであろう。伝統の核心が潰えることにもなり兼ねず厳に戒めるべきことと考える。真摯な研鑽によってのみ得られた結果が言葉・観念・動作の三位一体であり、これこそが真の「愉快に」稽古をする事へと繋がるのである。

2013/2/27

幸町道場の案内会を終えて

 誰にもまねの出来ない技芸の極みを合氣道と特徴づけるなら、一人一人がその名人芸を模索するのは矛盾に他ならない。

 つまり、老若男女が極めるべき道筋を目にすることができて、初めて日常の達成感を感じ取ることができる。

 合氣道を稽古する中で、呼吸する以上の緩急は無く、腕を取らせて考える時間も無い。剣を取り杖を使うほどに、手足腰の不明の動作は消え失せる。純一こそが基本であり求める道筋そのものである。

 現代にあっては、極めようとしている技芸そのものではなく、科学された合氣道の理と思いが万人に共有され得ることこそが揺るぎない価値であるはずだ。あらゆる動作に、意味のある用語とイメージが伴わなければ普遍化は出来ない。

 児童や青年が成熟しながら合氣を形として現していく過程があり、一方、壮年老年の各年代が一眼二足三胆四力のそれぞれにおいて変化の現れを自覚するのは常理である。発育発達と抗老齢化は稽古において楽しむことの一つに他ならず、個々人にとって合氣道の理と思いがぼやけたり薄れたりするものではない。

 であるからこそ、形を作ろうとすることに一切とらわれない自由と正立の清々しさを、稽古における禊に象徴するのである。

2013/3/13   

平成25年10月 渡邊、冨田両氏の昇段(初段)

単独/相対基本動作をよく体得していただきました。入会以来3年余りの克己復礼により正に合氣を為す原点に立ち至ったということでしょう。益々の研鑽とともに楽しめる稽古を自身の歩調で進めて行って下さい。魂氣魄それぞれの三要素と三位一体の基本から日々の稽古がはじまりますから、基本が大事であることは改めて言うまでもありません。一つ一つ残心で終えて達成感を積み重ね、気分一新・生気を互いに与えて行きましょう。
単独/相対基本動作をよく体得していただきました。入会以来3年余りの克己復礼により正に合氣を為す原点に立ち至ったということでしょう。益々の研鑽とともに楽しめる稽古を自身の歩調で進めて行って下さい。魂氣魄それぞれの三要素と三位一体の基本から日々の稽古がはじまりますから、基本が大事であることは改めて言うまでもありません。一つ一つ残心で終えて達成感を積み重ね、気分一新・生気を互いに与えて行きましょう。

道主の證書により初めて袴をつけていただいた両氏に

伝統とは、伝えるべき核心という統一性の繋がりであり、伝える人の血筋や代表格の繋がりである。

伝えるべき核心と伝える人あってこその系統である。

結びが外に現れ、眼に映るものは形。

形に現れるところの核心を体得し共有することが伝統である。

自身の眼に形は映らない。つまり形は伝統たり得ない。

核心を行えば 形は生まれるが、

形をなぞっても 核心を共有し得ない。

平成26年度 公益財団法人合気会公認道場神氣館 稽古指針

  動作を習得するには静止を学べ

 

  静止を確立するには動作を習練せよ

平成26年度 幸町道場 4月

合氣道を知るということ

天から魂氣、地から魄氣の想い、

想いのない動作は形に過ぎない。

魂氣三要素と魄氣三要素を表わすことこそ動作である。

 

動作のない想いは無為でしかない。

言葉のない動作は道たり得ない。

 

言葉を付けて形を積み重ねても、たましいが内になければ合氣道は生まれない。

 

たましいを込める、内を磨くという言葉は、それぞれに応じた動作が伴わなければ空虚である。

合気道の心と動きは突き詰めると禊であり、天地の結びである。

 

言葉と想いと動作の三位一体を体得することこそが先達への報恩である。

2014/8/22

 

平成26年9月23日第4回大阪府合氣道連盟講習会・演武大会(吹田市洗心館)

鏡を研ぎすますが如く

 各種武術を究め、さらに精神的修業を経た開祖によって命を吹き込まれたのが合気道の心と技である。その体得の為に心身の錬成を行うことがそのまま互いを尊重し、和合の心をもたらすことに連なっているところが核心である。呼吸、陰陽、動静、緊張弛緩、伸展屈曲等々途切れることのない巡りを表す術理であるが故に、探求と伝統の心が生まれるのであろう。

 開祖が入神されて50年になろうとしている。また、開祖が合気道を確立されてから100年目はもうすぐである。現代の合気道は三代道主に引き継がれ、今やわが国の武道界においても、国際的にも確たる位置を占めている。

 近年、合気道が文科省において中学体育の教科の一つに選ばれた。画期的な出来事である。これによって合気道は現代武道として正に一層の発展期を迎えたと言ってよい。

 そうであるなら、長い歴史を貫いてきた伝統は再び研ぎ澄まされる時であるに違いない。なぜなら、各々に体得された合気道には、少なくとも学校義務教育という普遍的な指導・評価方法の顕在化することが要求されるからだ。

2014/11/1

第3回大阪府少年少女合氣道錬成大会

平成26年12月6日 吹田市洗心館 植芝充央先生をお囲みして
平成26年12月6日 吹田市洗心館 植芝充央先生をお囲みして

平成27年度 公財合気会公認道場 神氣館 稽古指針 

臍下丹田にて掌の包みと軸足が体軸へと連なることは魂氣と魄氣の陰の結び

 

②掌を包んだまま母指球に続いて示指の付け根に気を発するときを魂氣の陽の陰。魄氣も陽の瞬間。

送り足で二足を合わせ軸足として、魂氣が丹田に巡ると魂氣と魄氣の残心の結び

①鳥船(呼気相のイェイ) 魂氣と魄氣の陰の氣結び。
①鳥船(呼気相のイェイ) 魂氣と魄氣の陰の氣結び。
②左:魄氣の陽に魂氣は陽の陰 右:二足を一足とする軸足で魂氣は丹田に巡る、魂氣と魄氣の残心の氣結び。右自然体。
②左:魄氣の陽に魂氣は陽の陰 右:二足を一足とする軸足で魂氣は丹田に巡る、魂氣と魄氣の残心の氣結び。右自然体。

  

  魂氣と魄氣が真中で合わさることが合氣

  合氣は魂氣と魄氣の陰の結びと残心の氣結び

開祖から現道主へと繋がる伝統に心より感謝する時

 公財合気会本部道場の師範の方々からご指導を賜る機会に恵まれた。

合氣道についての深い理解と専門的修業によって得られた凄まじい技量から、分かり易く穏やかに導入していただき、一般愛好家の内に響くものを無理なく与えて下さるその方法まで大変勉強になり、終了後の爽快感と達成感は格別であった。

 開祖の伝統の根本を今に伝えて下さる現道主に感謝の思いを新たにした次第である。

                                         2015/2/23

 

平成26年度 神氣館説明会

 合氣道は何をする武道でしょう?     (於 高槻市 愛仁会総合健康センター)     

                                    2015/3/8

 

 合氣道は開祖植芝盛平翁により創始され、現在世界95カ国に広がっています。裏面の年譜をご参照ください。

  合気道は力を競って技をかけるものではなく、単に技の形を作ることが目的でもありません。合気道の本質は呼吸の緩急に伴う動作と姿勢に尽きます。

 呼吸とともに天から上肢に魂氣を、地から足腰に魄氣を受けて臍下丹田(下腹)に氣結びし、さらに相手とも結んだ後、残心によって技が産まれるのです。このような想いに裏打ちされた動作ですから、息んで・力んで固まってしまって苦しむことは無く、単に想うだけで技が出来上がるわけでもありません。

 魂氣も魄氣もその想いと動作が曖昧であれば氣結びも残心も無く、相変わらず旧来の殺気による格闘技に終始せざるを得ません。そうなると、かけ声だけの和合に止まり、不本意な怪我や傷害の心配がつきまといます。

 日本古来の伝統的術理をそのまま残し、剣/杖術に由来する足腰の動作や目付けから正しい姿勢を維持することも特徴の一つとなっています。一方で、試合や競技の短所である勝負の執着と、それによる心身の傷害を無くして、真に健康を増進させることができます。つまり、他の武道に比べて際立った違いは、互いをより良く活かす修練をするという点にあるのです。

     

                 (公財)合気会公認道場 神氣館 館長  辻本 大治

 

 本日はこれら用語とその意味、そして対応する一つ一つの動作を実際に示し、日頃の稽古風景を時間の許す限り紹介いたします。

単独呼吸法坐技
単独呼吸法坐技
交差取り二教
交差取り二教
正面打ち三教裏
正面打ち三教裏
三教表
三教表
正面打ち三教表
正面打ち三教表
三教表固め
三教表固め
片手取り入り身転換
片手取り入り身転換
片手取り呼吸法
片手取り呼吸法
片手取り外転換陽の陽で氣結び
片手取り外転換陽の陽で氣結び
片手取り外巡り振込突きで相半身外入り身
片手取り外巡り振込突きで相半身外入り身
入り身投げ表
入り身投げ表

合氣道の講座半年課程

1月  魂氣三要素    禊に含まれる上肢の動作を呼吸とともに行う

 

2月  魄氣三要素    下肢の動作が呼吸とともにあることを知る

 

3月  単独基本動作   上半身・下半身・体軸・目付けの確立

 

4月  相対基本動作   二人で取りと受けに分かれて各動作を行う

 

5月  基本技      これまでの習得によって技の成り立ちを知る

 

6月  応用技      自然体から残心まで動・静を呼吸で感得する

                                      2015/6/4

兵庫合気会山田芳朗師範による交流指導稽古会・懇親会

平成27年6月7日 高槻市 山水館にて
平成27年6月7日 高槻市 山水館にて

大阪府合氣道連盟5周年記念大会(吹田市 洗心館)

平成27年9月23日
平成27年9月23日

第4回大阪府少年少女合氣道錬成大会(吹田市 洗心館)

平成27年11月1日(洗心館)
平成27年11月1日(洗心館)

第19回関西地区合気道合同研鑽会(豊中市武道館ひびき)

平成27年11月22日
平成27年11月22日
平成27年11月29日 壱級の證書と錬成証をいただきました。
平成27年11月29日 壱級の證書と錬成証をいただきました。
平成28年2月7日 道主より初段の證書をいただきました。
平成28年2月7日 道主より初段の證書をいただきました。
平成28年2月28日 道主より昇級の證書をいただきました。
平成28年2月28日 道主より昇級の證書をいただきました。
平成28年5月8日 道主より壱級を允可されました。
平成28年5月8日 道主より壱級を允可されました。
平成28年6月22日 親子で弐級、兄妹で五級
平成28年6月22日 親子で弐級、兄妹で五級
平成28年8月21日 縁あって道友が訪問されました。
平成28年8月21日 縁あって道友が訪問されました。

第6回大阪府合気道連盟講習会・演武大会

平成28年9月19日 第6回大阪府合気道連盟講習会・演武大会(吹田市洗心館)道場演武
平成28年9月19日 第6回大阪府合気道連盟講習会・演武大会(吹田市洗心館)道場演武
平成28年9月19日 第6回大阪府合気道連盟講習会・演武大会(吹田市洗心館)
平成28年9月19日 第6回大阪府合気道連盟講習会・演武大会(吹田市洗心館)

開祖の故郷を訪ねて

平成28年10月8日 田辺市 植芝守央道主特別講習会
平成28年10月8日 田辺市 植芝守央道主特別講習会
田辺市扇ヶ浜にて
田辺市扇ヶ浜にて

第20回関西地区合気道合同研鑽会 豊中市武道館ひびき

平成28年11月23日 植芝守央合気道道主のご指導のもとに60団体約700名の参加。「道場2」の画像参照
平成28年11月23日 植芝守央合気道道主のご指導のもとに60団体約700名の参加。「道場2」の画像参照

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です