第一回ASOB会講演

 aikido single OB会:ASOB会

  初代から9代までのOBで構成

以下講演要旨

 

合氣道とは:氣の武道である(小林裕和師範)

・語句・思い・動作の三位一体 口業・意業・身業の三業 三密加持

基本即真髄:魂、氣、魄

   魂氣三要素:陰陽(広義と狭義)、巡り、結び 

   魄氣三要素:陰陽、入り身・残心、転換・回転

  正立、正座、直立二足歩行、自然本体、左/右自然体

・合氣道とは、魂氣と魄氣の結び、突き詰めれば禊である。

  禊:天地の結び、鳥船、振り魂、氣の巡り、印を結んで天地の結び

・単独基本動作・坐技呼吸法:呼吸と共に氣結びを為す=氣の妙用

    (降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り)

単独基本動作:入り身(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し、終末は残心)、

       入り身転換・反復、前方/後方体の回転、

       一教運動表(上段に与えてくの字で進む)、

       一教運動裏(上段受け流し・返し突き近似で外入り身・後回転)

・相対基本動作坐技:上段に与えて両手で氣の巡り、片手/両手取り呼吸法、

相対基本動作立技:片手取り入り身転換/体の変更/魂氣の陰陽で転換/

         呼吸法各種、後ろ取りに天地の結び、諸手取り呼吸法など

・合氣剣と徒手:組太刀(小林裕和師範による)、剣の鎬と徒手の魂氣、

        剣と徒手の残心の違い、剣先と母指先の共通点

合氣の思いを現す動作について:

 “右手をば陽にあらはし左手は陰にかへして相手みちびけ”(道歌)

  “陰の陽で与える” “母指先から陽で発する” “広義の陽は吸気・陰は呼気”

  “肘・尺側・手刀は巡って氣を受ける” “両手で氣の巡り”

  “陰の陰は母指先から、陰の陽は小指から巡る”

  “掌を包む”  “母指を置いて蓋をする”(小林裕和師範)  “母指(小指)球を包む”

  “母指先の反り” “示指球をつぼに嵌める” “母指だけは常に広義の陽”

     正勝=基本即真髄、吾勝=残心、勝速日=入り身・転換・回転

・相対基本動作と基本技:互いの魂氣の陰陽・巡りで結び→入り身転換(詰めて外す)/

         転換入り身(外して詰める)/回転で魄氣の結び→

         魂氣が巡ると受けの魄氣へ響く→ 

         取りの魂氣は受けの底を抜けて取りの丹田に結ぶ・残心→

         受けは取りの体軸を螺旋に降りて背部に落ちる→技の成り立ち

             (柔の原理、崩し、作り、掛け、投げ技)

・合氣道≠武道≠武術  活殺、技術、術理、情意:かんながらたまちはえませ

  心身の故障、怪我を50年に亘ってもその都度回復させてくれたのが合気道。

                                      2015/11/28

大阪凌霜クラブ(大阪駅前第一ビル11階)にて
大阪凌霜クラブ(大阪駅前第一ビル11階)にて

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です